スポンサーリンク

FXにおけるレバレッジとは?

FXにおけるレバレッジとは・・・?

レバレッジとは・・・?

FXのレバレッジとは、担保保証金を預けることで、実際に持っている金額よりも多い金額で取引が出来るというものです。

実際に手元にある資金の何倍もの額面での取引が出来るので、少ない元手からでも資産を大きく増やすことが可能です。

レバレッジには様々な倍率があり、低い倍率だと1倍から、高いものだと20倍や25倍まであります。

日本国内でサービスを提供しているFX口座の場合には、最大で25倍までの取引に対応しています。

海外のFX口座を利用すれば、国内以上のレバレッジを使った取引が出来ますが、その分損失も大きくなるので注意が必要です。

元手が10万円で10倍のレバレッジをかけた場合には、100万円での取引ができるようになります。

少ない元手からでも大きな利益が得られるというメリットがありますが、その一方でレバレッジが適用されるのは、損失に対しても同じというデメリットがあります。

レバレッジを使った取引で損失を出すと、実際の損失もレバレッジの倍率の分増えるので、大きな損失を発生させてしまうこともあります。

基本的にはほとんどのFX口座で一定レベルまで損失が膨らむと、自動でロスカットが適用されます。

ロスカットが適用される条件などは、実際に利用するFX口座によって異なりますが、基本的には証拠金維持率が一定を下回った際に適用されます。

ロスカットではその時点でのポジションを解消されてしまうので、その後に価格が元に戻っても、既にポジションが解消されているので、大きな損失になります。

レバレッジの特徴

FXを代表する用語の1つであるレバレッジは、本来は「てこの原理」を意味しますが経済学においては借入れなどを利用して投資を行う方法を指します。

用意した資本に対し、その何倍という形で投資ができるので、手元の資金が限られていても投資の幅を広げることが可能です。

高倍率でFXを行えば当然ながらリスクは高まるものの、同時にリターンの大きさも増すわけです。

日本の場合だと、レバレッジの上限は最大25倍と、3倍の株と比べると差は一目瞭然です。

海外は500倍や1000倍もありますが、これはゼロカットの提供が前提だから可能となっています。

ゼロカットはロスカットが間に合わなかった場合で、口座の残高がマイナスに転じた時に有効になります。

ゼロカットでは損失分を業者が補填を行い、口座残高がゼロにされます。

いわゆる追証がありませんから、万が一大きな損失が発生しても安心です。

ただ、日本ではゼロカットの仕組みがないので、レバレッジは倍率に応じて相応のリスクを伴います。

FXは他の投資と同様に、資金が多い方が投資の幅は広がり、有利にリターンを狙うことができます。

だからこそレバレッジはあった方が良いですし、有効化して投資に取り組めばFXの魅力が増すことになります。

レバレッジは将来的に最大倍率が下げられる可能性があるので、これからFXを始める場合は、海外のFX会社を検討するのも一つの方法です。

FXが人気で投資の代表になっている理由は、やはり高い倍率のレバレッジが使えることが大きく、仮にもし倍率が多少下がったとしてもまだまだ魅力的です。

レバレッジ規制について

現在日本のレバレッジは25倍までです。近いうちに10倍までになるという記事も見ましたが、ギャンブル性をなくすためのようです。

本で読んだ内容ですが、元々はリーマンショックの時に投資家は押し目買いのチャンスと思い、みんなが買いを行ったところ見事に大損→当局にクレームが殺到し金融庁が規制を検討し始めたというのがきっかけのようです。

そういった理由から25倍のレバレッジから、10倍になってしまうのではないかとのこと。

そうなりますと海外口座を検討される方も多いかと思いますが、FX初心者はやめたほうが良いかと思います。

800倍のレバレッジをかけられたり、クレジットカードでの取引ができる業者もあるために、損失を出した時にとんでもないことになってしまう可能性もあります。

まずは、日本のレバレッジで少しずつ軍資金を増やしていきましょう。

コメント