スポンサーリンク

FXの酒田五法は使えない? 勝率を調べてみた。一覧あり!

FXの酒田五法は使えない? 勝率を調べてみた。一覧あり!

江戸時代に米相場で大儲けをした本間宗久が考え出した、ローソク足の分析手法「酒田五法」これは今の時代にも参考にされています。

どういうものかご紹介すると共に、勝率がどのくらいになるのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

酒田五法 一覧

三山

酒田五法「三山」

まずは「三山」いわれるものです。上記の図のように上がったり、下がったりを3回ほど繰り返すことをいいます。この後は相場は下落に向かう傾向にあります。

こうなる理由として高値を更新できず一度落ちてきて再度、高値更新を目指したがそれも更新できず、さらにもう一度高値を目指す・・・。

それも無理ということで、もう上昇するパワーを失ったということになります。

三山は山が3回ですが、2回の場合や4回、5回の可能性もあります。必ず3回とは言えませんので注意してください。

三山のチャート

「三山」が実際に現れたチャートです。三つ山が続いた後、下落しています。

三つの山の中で真ん中の山が高い場合を「三尊」、「ヘッド・アンド・ショルダー」とも呼ばれます。

三川

酒田五法「三川」

次にご紹介するのが上記の図、「三川」と呼ばれるものになります。これは相場の転換点になる可能性があるものです。

図のAの方は「宵の明星」とよばれています。そしてBが「明けの明星」と呼ばれます。

まずAの「宵の明星」は相場のてっぺん辺りに出た時に注目です。図をよく見てもらいたいのですが、左側の陽線より右側の陰線の方が長くなっています。

これが大事で、右側の陰線の方が短いと信頼性は低くなります。そして陽線と陰線の間は十字とか、コマ、上髭が長いものなどがあると良いです。

宵の明星のチャート

宵の明星の実際のチャートです。陽線の後に小さなローソク足が出て、その後にかなり長い陰線が出ています。

この宵の明星の後に相場は下落しております。天井圏でこのパターンが出た時は注目です。

次にBの「明けの明星」は先ほどとは逆となり、右側の陽線が左側の陰線より長いほうが信頼ができます。相場の底辺りで出る可能性が高いので注目です。

陰線と陽線のローソク足も上記のような短いもの、十字、コマ、下髭の長いものなどが良いと思います。

明けの明星チャート

陰線の後に小さな陰線が出て、その後に長い陽線が出ています。それ以降は相場は上昇しております。底値圏でこのパターンが出た時は注目です。

なお「三川」に関してですが資料によっては「三山」の逆のパターン、ダブルボトムやトリプルボトムの形を「三川」と説明している場合もあります。

ですがこのサイトでは上記を「三川」の説明とします。

三空

三空踏み上げ

上記の図のように、窓と呼ばれるローソク足とローソク足の間に空白が空くことが3回続くことをいいます。

これはかなり勢いよく上昇しているので、買いを行いたくなるんですが、実はこれ売りのシグナルとなります。

この空白を3回空けての上昇はそこまで続かず、その後下降する可能性が高くなります。

そして上記の図のパターンは「三空踏み上げ」と呼ばれます。次にこれとは逆のパターンです。以下の図です。

三空叩き込み

三空叩き込み」と呼ばれる、陰線の間に窓と呼ばれる空白が3回現れたものです。

こちらも勢いよく陰線が続いていますので売りを行いたい所ですが、これは買いのシグナルとなります。

なおFXの場合24時間の取引となっていますので、株と違いめったに窓と呼ばれる空白はでません。ですのでこの「三空」は利用する機会は少ないと思います。

三兵

三兵

次にご紹介するのは「三兵」と呼ばれるものです。

まず左のAですが陽線が3つ続く「赤三兵」と呼ばれるもので勢いよく上がっておりますので、大きな上昇が期待できます。買い目線でよいでしょう。

そしてBの方です。こちらは「黒三兵」とよばれ陰線が3つ続くパターンとなります。

これが出ると大きな下降トレンドになる可能性があり、売り目線で考えたほうが良いでしょう。

赤三兵、黒三兵のチャート

赤丸が「赤三兵」と呼ばれるローソク足です。はっきりとした陽線が連続した後に相場が上昇しております。

そして青丸の所「黒三兵」と呼ばれるローソク足の並びが見られます。その後に相場は下落をしているのがわかります。

三法

三法

最後に「三法」のご紹介です。まず上記の図Aですが、大陽線の後に小さなローソク足が続き、その後大陽線がでるパターンです。

大陽線と大陽線の間に出る短いローソク足は上記の図では陰線にしてありますが、特に指定はありません。

ポイントとして真ん中の小さなローソク足は最初に出た大陽線を下回ることがないという点と、最後に出た大陽線が最初に出た大陽線の高値を上回るという点です。

このAのような三法を「上げ三法」といいます。

上げ三法 チャート

実際のチャートです。赤丸の後に上昇しております。

次にBのほうですが、さっきと逆になり大陰線の後に小さなローソク足が出て最後に大陰線が出ることを言います。

同じく真ん中の小さなローソク足は最初の大陰線を上回ることがないということと、最後に出た大陰線は最初に出た大陰線の安値を下回るという点が特徴です。

Bのような三法を「下げ三法」と言います。

下げ三法 チャート

下げ三法のチャートです。赤丸で出現した後、相場は下降しております。

三法に関してですが教科書通りの三法は、なかなか見つかりませんでした。よってローソク足の長さ、本数などは臨機応変に考える必要がありそうです。

酒田五法の注意点

今回ご紹介しております「酒田五法」は江戸時代に考案されたものです。

当時は当然ながらパソコンとかありませんので、ローソク足の形は日足が基準になっていると思われます。

よって短い足では信頼性は落ちると思いますのでご注意ください。それともう一つ、それぞれが出てくる位置にも注意です。

高値圏、底値圏で出ないと意味がないものもありますので気を付けましょう。

酒田五法の勝率調べ

それではここで、みなさんが気になる「酒田五法」でどのくらいの勝率があげられるのか調べてみたいと思います。

検証条件

☆ 調査対象通貨ペアは今回、USD/JPY(ドル/円)にしてみます。

☆ チャートを後から見ての判断となります。

☆ チャートはMT4を使用し、時間足ごとに1画面内に「酒田五法」と思われるローソク足、もしくはチャートパターンが出たと判断した時にリスクリワード1:1以上獲得できたかどうかを調べてみます。

☆ 調査対象時間足は月足、日足、1時間足、5分足とします。

☆ 教科書通りのきれいな「酒田五法」の形は出づらいと思われることから、ある程度は大まかに考えます。

☆ 「酒田五法」は相場の転換点を捉えるものが多いため、買いサインなら相場の安値圏、売りサインなら相場の高値圏で出たものでないと信頼性が落ちます。

よって各時間足の高値圏、安値圏を調べることになり、チャートの真ん中あたりに「酒田五法」の形が出てもエントリーはしないこととします。

ただチャートの真ん中あたりでも相場が大きく転換しているポイントなら、「酒田五法」と呼ばれるローソク足の形が出ているかを調べてみます。

☆ エントリー位置、損切り位置、利益確定ポイントは以下の図を目安に調べてみます。

エントリー位置、損切り位置、利益確定ポイントの図

つまり買いサインが出た場合、損切り位置はローソク足の少し下、利益確定ポイントは最低でもリスクリワードが1:1以上になるポイントまでローソク足が伸びていれば勝ちとします。

売りサインの場合は逆に考えます。

月足

月足

これ以降、勝ちと判断したもの青。負けと判断したものは赤。判断がつかずノーカウントとしたものを黄で示します。

① 少し強引な解釈かもしれませんが、真ん中の小さなローソク足を無視すれば「明けの明星」と判断できそうです。

その後上昇していますので→勝ち

② ここもきれいな形ではありませんが「上げ三法」と解釈できなくもありません→勝ちとします。

そしてこの②の青丸一番右側の陽線から3本、大きな陽線が続いています。「赤三兵」と判断して、追加で→勝ちとします。

③ 「上げ三法」と判断しました。→勝ち

④ このローソク足が出た時点ではチャートの高値圏と判断していたと思います。ですがリスクリワード1:1は取れていないと思われるため→負け

⑤ 窓開けが起こっており、かなり大きな範囲で見れば「上げ三法」と解釈できるかもしれませんが、少し強引な解釈となりそうです。

ここはノーカウントとします。

⑥ 青丸で囲った一番右のローソク足に長い陰線が出ています。ここも強引な解釈なるかもしれませんが「宵の明星」と判断できそうです。→勝ち

⑦ 長い陽線が出ています。真ん中の小さなローソク足を無視すれば「明けの明星」と判断できます。

ただリスクリワード1:1はないようです。→負け

なお赤丸内に陽線3本が続いています。「赤三兵」とも解釈できるかもしれません。ですがこの後すぐに下落しているため追加で→負けとします。

⑧ ⑦の大きな陽線で上昇した後の「宵の明星」のように思います。リスクリワード1:1ありそうですので→勝ち

⑨⑩ このポイントはレンジの中でのポイントとなります。相場の大きな転換点とは言えないように思えます。

よってノーカウントとします。

⑪ ここは後から見るとダブルボトムのようにも見えます。ヒゲなどを考慮するとトリプルボトムと解釈する人もいるかもしれません。

山と谷が浅いためダブルボトム、トリプルボトムと判断するのはリアルタイムでは難しいかもしれません。

「三山」の中に代表的なものとして「三尊」と呼ばれるものがありますが、今回はそれの逆のパターンで、「逆三尊」と判断しても良さそうです。→勝ち

月足結果 7勝3敗

日足

日足

チャートの真ん中あたりでも相場が転換していると判断した所を基準に、酒田五法のサインが出ていると思われるところを探してみました。

青→勝ち、赤→負けと判断しました。

なかなか解釈が難しく、100人が100人とも同じポイント、同じ形でも「酒田五法」のサインと判断するのかしないのか、人によって解釈が変わりそうです。

日足 9勝9敗

1時間足

1時間足

9勝7敗と判断しました。

なお黄色丸はノーカウントとしたところですが、どう解釈したのを説明します。

① 「明けの明星」と判断できなくもないですが、黄色丸のさらに左に長い陰線が出ています。

この長い陰線と同じか、それ以上の長さの陽線が出ていれば分かりやすかったのですが、黄色丸の中の形のみでは「明けの明星」と判断するのは難しそうでしたのでノーカウントとします。

② こちらも陽線が少し短いため「明けの明星」と判断するかどうかは人によるかと思います。

陽線2本込みで考えると「明けの明星」と考えられなくもないですが、迷う所ですのでノーカウントとします。

③ 少し下降後に③のレンジの状態になっています。

この③の丸の中の左の方には「上げ三法」と解釈できそうなローソク足もありますが、このブログ執筆現在、利益が出たのか、損切りになったのかレンジのため判断できないためノーカウントとします。

④ 下降後に少し上昇して④の状態となっています。上昇の幅がほとんどないため、ここを高値圏と判断してしまうのも無理があるような気がします。

よって「宵の明星」のようにもみえますが、ノーカウントとします。

5分足

5分足

今回検証した5分足では赤丸内の一番右の陽線、陰線が極端に長いためリスクリワード1:1以上を獲得するには結構な利幅を取らないといけないという状況でした。

よってそれができていないため負けという扱いにしたものがあります。

次にノーカウントとした黄色丸の説明です。

① 値が飛んだのか陽線の下側が少し短いためノーカウントとしました。

② ほとんどレンジのため高値圏、安値圏の判断がつかずノーカウントとしました。

③ ここも一番右に長い陰線が出たためリスクリワード1:1以上獲得するには、このブログ執筆時点では結果がわからないためノーカウントとしました。

5分足結果 2勝4敗

結果まとめ

月足 7勝3敗

日足 9勝9敗

1時間足 9勝7敗

5分足 2勝4敗

合計 27勝23敗 勝率54%

酒田五法を見極めるには見やすいチャートが一番です。たくさんの種類のチャートを使ってきた経験から「MT4」が一番使いやすいように思います。

「MT4」が使えてレバレッジも最大で888倍の海外口座「XMTRADING」をおすすめします。

「XMTRADING」は口座タイプが3種類ありますので、詳しく解説した記事を参考にしてください。

XMTrading 口座タイプ(マイクロ、スタンダード、ゼロ)違いを詳細解説!

最後に・・・

今回の検証結果では勝ち、負けほぼ五分五分という結果です。「酒田五法」のサインかどうかを見極めるのが意外に難しかった印象です。

チャートで見えている範囲で最高値、最安値のみでの判断なら分かりやすいかもしれませんが、ローソク足はチャートの真ん中あたりでも上下を繰り返しています。

その上下の動きの幅も広かったり、狭かったりのため、どこを「酒田五法」のサインと見るかは通貨ペア、指標発表、時間帯、時期などによっても変わるかと思います。

よってこれのみでのトレードを続けても勝ち続けるのは難しいと思われます。移動平均線や水平線などとも組み合わせたほうが良いかと思います。

コメント