フラッグ上抜け「押し目買い」トレード記録

GBPUSD(20/08/04~05)トレード記録

2020/08/04~05にかけてポンドドルのトレードを行いました。トレード結果とエントリー根拠を記録して次に活かしたいと思います。

GBPUSD(20/08/04~05)日足

日足の相場環境を確認します。日足はフラッグを形成しているように思われます。

フラッグの上側のラインを突破したため(青丸)買い目線で考えてはいますが、すぐ上に日足の節目の水平線が来ています。

ここの水平線までならとりあえずは買い目線で考えてよいだろうと判断をしました。

GBPUSD(20/08/04~05)4時間足

続いて4時間足です。この4時間足ですが直近は高値、安値を徐々に切り上げていますね。日足と同じく買い目線で良いと判断しています。

そしてフラッグの上のラインを突破して一度戻りを形成し、ボリンジャーバンドの移動平均線に反発した赤丸辺りで「買い」を行いました。

しばらくは見ていたのですが上昇の勢いが出ないですね・・・とりあえず次の日まで様子を見るため放置。

今日チャートを確認し、時間帯もあるかもしれませんが上昇の気配を見せないため青丸辺りで利益確定しておきました。

今後どうなるかはわかりません。ですが今回の取引はあまり良くない例ですね。広めに損切り幅を考えているとはいえ思惑とは反対へ行きすぎています。

それか損切り幅を広く考えていたこと、長期足でのエントリーということでもっと長い期間ポジションを持つかをしないといけないのかもしれません。

ただ一応、今の所は長期足でエントリーをして、数日で決裁がメンタル的にもいいような気がしていますので、このペースをメインでやっています。

トレード結果

再度トレード結果です。約+10pipsです。

以上、フラッグ上抜け「押し目買い」トレード記録でした。

コメント