フィボナッチ・ファンの精度を調べてみた!

フィボナッチ・ファンでどのくらい勝てるのか調べてみた!

フィボナッチにもいくつかの種類がありますが、基本的に自然界の法則を応用したものとなっております。

今回はその中でフィボナッチ・ファンと呼ばれるものを紹介します。そしてどのくらいの精度なのかも調べてみたいと思います。

フィボナッチ・ファンとは?

例えば上昇トレンドの時に永久に同じ方向へ進み続けるということはなく、一旦下がるポイントが出てきます。

その際にどのくらい下がるのかを検討する際に目安となるのが、フィボナッチ・ファンということになります。

フィボナッチ・リトレースメントが一番有名かと思いますが、フィボナッチ・ファンはこれの斜め線のバージョンとなります。

フィボナッチ・ファンが機能しているかの解説

この記事TOP画像をもう少し詳しく解説してみます。まず赤矢印で示したように下降トレンド継続中と判断してよいかと思う状況です。

そして底をつけて青矢印で示したように上昇し始めました。

この際にどのくらいまで上昇するかの目安として参考になるのがフィボナッチとなります(下降トレンドの場合)

そしてそれ以外にも、このラインを節目の判断として使用することもあります。

今回はフィボナッチ・ファンの説明ですので斜め線を参考にします。フィボナッチ・リトレースメントと同じで注目するのは38.2%、50.0%、61.8%となります。

この3つが反転しやすいポイントとなるというのが、自然界の法則を応用したフィボナッチの考えとなります。

では実際にこのラインが機能しているのかということですが、赤丸で示したポイントはきれいにラインに反応しているように見えます。

そして黄色丸の所ですが、きれいに反応はしていないもののライン付近で相場の流れが変わっているように見えることから参考にするのは良いかもしれません。

フィボナッチ・ファンでどのくらい勝てるのか?

勝率に関してですが、これは通貨ペア、時間帯、時期、どのポイントを基準にフィボナッチ・ファンを利用するか、エントリーポイント、損切り位置などによって変わってくるかと思います。

よってどのくらい勝てるのか?ということですが、フィボナッチ・ファンのみで利益が出た、出ないを判断するのは非常に難しいです。

よって検証基準としてラインに反応したか、していないのかを調べてみようと思います。

今回はユーロポンドの月足、日足、4時間足、1時間足、5分足を調べてみようと思います。

チャート分析

月足

月足

ユーロポンドの月足です。まず青丸2点を基準にフィボナッチ・ファンを引いてみました。

よって検証はこれ以降のローソク足がラインに反応しているかを見ます。赤丸がほぼラインに反応していると思われるポイントです。

黄色丸は反応していると判断するには少し無理があるかなと思いますが、反応していると思っても良さそうな気がします。

月足は明らかに反応しているポイントが多いという結果になりました。

日足

日足

ユーロポンド日足です。基本的にフィボナッチ系はチャート画面の最安値と最高値を基準に使用すれば良いかと思います。

ですので今回青丸の2か所を基準に引いてみたのですが、恐らくコロナの影響で急上昇したためか、その後はラインが機能しなくなっています。

唯一判断できそうなのが3カ所で黄色丸は反応していないポイント、赤丸は反応したであろうポイントです。

フィボナッチ・ファンの引き方を変えてみます。

日足その2

先ほどと同じくユーロポンド日足です。先ほどの最高値の直近で基準となるポイントを探し上記の青丸2か所で引いてみました。

その後なんですが、赤丸がラインに反応したと思われるポイント、黄色丸が反応していないように見えるポイントです。

赤の方が多い結果となりました。

4時間足

4時間足

ユーロポンドの4時間足です。こちらは上の方で説明したものと同じになりますので、解説はそちらに譲ります。

1時間足

1時間足

ユーロポンドの1時間足です。まずは青丸の2点を基準にフィボナッチ・ファンを引き、その後に青丸以降でラインに反応しているかを調べています。

赤丸が反応しているように思えるところ、黄色丸は反応していないように思えるところです。

ここで1つ注意点があります。反応しているかしていないかを調べていますが、ラインに反応している=ラインで反転という訳ではないです。

ラインで今までの動きが止まったように思われる→また同じ方向へ動くということもありますので、ラインで逆張りをする場合は別の根拠と組み合わせえて検討する必要があるかと思います。

5分足

5分足

ユーロポンドの5分足です。青丸2か所を基準にフィボナッチ・ファンを引き、その後ラインに反応したかを調べます。

赤丸が反応しているように見えるポイント、黄色丸は反応していないように見えるポイントです。

これを見ると短期足でもラインが機能しているように見えます。

最後に

ランダムに1つの通貨ペアを選び検証してみましたが、ほとんどの時間足でライン付近で何らかの反応があるように見えました。

ただこのライン付近から、その後にどちら方向へ動くかはわからないためエントリーに使う際は他の根拠も組み合わせて使うのが良いかと思います。

既にポジションを持っていた場合は利益確定の目安のラインとして使用するということもできそうです。

コメント