サポートラインとレジスタンスラインの転換をねらってみよう!

サポートラインとレジスタンスラインの転換をねらってみよう!

FXの手法で有名であり、効果の高いサポートラインとレジスタンスラインの転換をねらう手法があります。この手法について解説してみたいと思います。

サポートラインとは

サポートラインとは

まず最初に用語の解説です。サポートラインとは下値支持線のことを言います。上記の黄色丸のように何度も下値が支えられているラインのことです。

大きな時間足では特に意識されるポイントとなり、ここで一度動きが止められる傾向にあります。

と同時にこのラインを一度割ると今まで「買い」を行っていた人がびっくりして決済の「売り」(損切り)を行うため、勢いよく落ちていくことも多いです。

なおサポートラインは水平線だけに限らず、移動平均線や斜めの線のトレンドラインでも下値が支えられている場合は、サポートラインとして意識をしておいたほうが良いかと思います。

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは上値抵抗線とも呼ばれ、上記のように上値を何度も止められている辺りに引いたラインのことです。

このようなポイントも常に意識されるポイントとなりますので注意しておく必要があります。

そしてこのレジスタンスラインも一度抜けると、このライン当たりで「売り」を行っていた人が決済の「買い」(損切り)を行うため、そのまま一気に上昇することの多いラインとなります。

レジスタンスラインも長期足の方が重要性は高いです。

サポレジ転換について

サポレジ転換について

サポートラインとレジスタンスラインの用語の解説は以上ですが、このサポートラインとレジスタンスラインが転換するポイントが結構エントリーチャンスとなりますので、その一例です。

上記の黄色丸のように何度も下値が同じ価格付近で支えられています。このラインがサポートとして機能しているラインですね。

そして一度このサポートラインを割ると、その後には勢いよく落ちていく可能性が高いためその場面をねらいたいところです。

今回は赤丸辺りがそのポイントとなります。少しラインを飛び抜けていますが、レジスタンスとして機能はしているようです。

このようなポイントを頻繁にあるかと思いますのでねらってみても面白いかもしれません。

まとめ

サポートライン、レジスタンスラインは短い時間足ではあまり機能しない傾向にあります。

長い時間足のラインを意識することと、どんな場面でも必ずサポレジ転換が起こるわけではないので環境認識もきちんとすることが重要です。

コメント