一目均衡表の遅行スパンを使った手法

一目均衡表の遅行スパンを使った手法

一目均衡表という日本人が開発した有名なインジケーターがありますが、この中に遅行スパンと呼ばれるものがあります。

今回はこの遅行スパンのみを利用した非常に簡単な手法をご紹介します。

水平線やトレンドラインなどは一切使わないためFX初心者にとってわかりやすく、最初にトレードに取り組むにあたって、まずは試してみるのも良いかと思います。

遅行スパンとは?

遅行スパンとは?

遅行スパンとは一目均衡表と呼ばれるインジケーターの中で使われている線の一つです。

現在の価格の推移をローソク足26本分後ろにずらして線で表示させたものになります。

上記のチャートで説明しますと現在のローソク足が黄色丸で示したローソク足となります。

そしてそこから26本分後ろにずらした線の青丸の所のラインが遅行スパンのラインとなります。

ただ後ろにずらしただけの線ですが、これが結構エントリーを検討する際に役に立ちます。

どういうポイントでエントリーをするのか、レンジの判断はどうするのかの解説をしたいと思います。

「買い」エントリーポイント

「買い」エントリーポイント

分かりやすい場面での例ですが、上記の黄色丸のように遅行スパンがローソク足を下から上抜けた場面が「買い」エントリーを検討する場面となります。

「売り」エントリーポイント

「売り」エントリーポイント

「売り」エントリーポイントは上記の黄色丸のように、ローソク足を遅行スパンが上から下へ抜けた場面が「売り」エントリーの候補となります。

レンジの判断

レンジの判断

上記の黄色丸で示したようにローソク足と遅行スパンが絡んでいるとレンジの判断となります。

こういった時はトレードをせずに「待ち」に徹した方が良いかと思います。

注意点

ローソク足を遅行スパンが上抜け、下抜けしたということでエントリーをするという非常に簡単な手法となります。

ですが、実際にはその後にトレンドが出てくれれば利益になるかと思いますが、トレンドが出なかった場合は損切りになることが多い手法です。

よって長期足でトレンドの出ている時にエントリーを検討するとか、水平線、トレンドラインなど他の根拠と組み合わせて使うことをおすすめします。

まとめ

☆ 遅行スパンは一目均衡表と呼ばれるインジケーターの中で使われているラインの一つです。

☆ 「買い」エントリーポイントとしては、遅行スパンがローソク足を下から上抜けしたポイントが候補となります。

☆ 「売り」エントリーポイントとしては、遅行スパンががローソク足を上から下抜けしたポイントが候補となります。

☆ 遅行スパンのみでのトレードでは勝率は高くないと考えられます。水平線、トレンドライン、他のインジケーターなどいろいろな根拠を組み合わせて使う方法をおすすめします。

コメント