スポンサーリンク

FX/短期足の節目からの反発エントリー方法解説!(+13pips)

ユーロドル(20/07/22)トレード記録

2020/07/22にユーロドルの取引を行いました。

トレード結果とエントリー根拠を残しておきます。

ユーロドル(20/07/22)日足

ユーロドルの日足です。

日足では赤線で示した直近高値を超えていました。

この後は更にトレンドを形成してくれれば利益を取りやすいかもしれませんが、ユーロ円の日足は直近高値をまだ超えていないようでした。

よって、このまま素直にトレンドを形成して上昇するかはわからないため、長期での買いポジションを持つのが良いのか悪いのかは現時点ではわかりません。

エントリーをしたとしても、早めの利益確定が良いであろうと考えていました。

ユーロドル(20/07/22)4時間足

ユーロドルの4時間足です。

こちらはゆるやかに上昇トレンドを形成しているようです。

「買い」目線で考えていますが、先ほどの日足で述べたようにユーロドルとユーロ円の関係からどのくらいトレンドが続くかはわかりません。

よって早めに利益確定をし、確実に利益を取った方が良いだろうと思っていました。

ユーロドル(20/07/22)15分足

ユーロドル15分足です。

ずっとチャートを見ていたところ、この15分足でエントリーできそうな場面がありましたので、この時間足でエントリーをしました。

まず赤の水平線で示したように直近安値で反発した動きを見せた赤丸の所で「買い」エントリーをしました。

利益確定は直近高値付近を考えていましたが、黄色線は1.15400とキリの良い数字のためここで一度止まると判断。

よってここに指値注文をしておきました。

しばらくして利益確定しました。

トレード結果

再度トレード結果です。約+13pips。

現時点ではわかりませんが、ポジションを持ち続けておけば利益が伸びる可能性もあるかもしれません。

でも長く持ち続けるストレスを減らすためと、上記で述べた理由により早めに利益確定しました。

今回もプラスで終わり良かったと思います。

以上、FX/短期足の節目からの反発エントリー方法解説!(+13pips)でした。

コメント