スポンサーリンク

移動平均線に綺麗に反発してからの「買い」エントリー/トレード記録

CHFJPY(20/08/27~28)4時間足トレード記録

2020/08/27~28にかけてスイスフラン円のトレードを行いました。

+42.3pipsとなり、かなり良い結果となりました。トレード結果とエントリー根拠を記録しておきます。

CHFJPY(20/08/27~28)4時間足トレード記録 日足

スイスフラン円の日足です。日足は高値安値を同時に切り上げており、上昇トレンドと判断してよいかと思います。

表示はさせていませんが、週足を見ると現在の最高値あたりに節目があります。ここを超えるかどうかは分かりませんが、そろそろ頭打ちの可能性もあります。

ですが日足の最高値まではねらえるであろうと思っていました。よって買い目線で考えていました。

CHFJPY(20/08/27~28)4時間足トレード記録 4時間足

スイスフラン円の4時間足です。水平線は4時間足の節目を基準に引いてあります。そしてわかりやすいように直近を拡大してあります。

相場環境としては、4時間足の直近はレンジのようになっているように見えます。

直近のみは方向感がないように思えますが、よく見ると移動平均線と水平線にきれいに反応してきているように見えます。

さらに長い下ヒゲを形成したローソク足が1本あるのが確認できます。

以上のことから、今後上昇すると判断して「買い」を行いました。

目標の利益確定ラインは直近高値辺りが4時間足ボリンジャーバンドの+2にタッチしそうでしたので、だいたいピンク丸の辺りにしました。

見事に利益確定です。日足を見ていると、日足の移動平均線にもきれいに反応しているように見えることからまだ上昇する余地がありそうに見えます。

よってまだポジションを持ち続けても良さそうなのですが、自分では4時間足のボリンジャーバンドにタッチを一応大きく取る時の一つの目安としています。

日足のボリンジャーバンドにタッチの場合、恐らくあと1~2日見ないといけないためプレッシャーもあります、よってここら辺で良しとします。

トレード結果

最初にも述べましたが、+42.3pipsと大きく取れました。取れる時には大きく取るということを目標にしているため良かったと思います。

以上、移動平均線に綺麗に反発してからの「買い」エントリー/トレード記録でした。

コメント