5分足スキャルピング戻り売り手法!環境認識~エントリー~決済まで

5分足スキャルピング戻り売り手法!環境認識~エントリー~決済まで

過去のトレードの記録を元に、5分足を利用したスキャルピング手法の解説をしてみたいと思います。

今回のやり方としては5分足のみを利用するやり方ではなく、大きな時間足から相場環境を分析して、その後のエントリーから決済までに5分足を利用するというものです。

使用通貨はポンド円となります。

時間としてはエントリーから決済まで5~6分くらいでした。では説明に入ります。

スポンサーリンク

5分足スキャルピング戻り売り手法!

一番大事な日足の相場環境を分析!

いつもはスイングが基本なのですが、今回久しぶりにスキャルピングを行いました。そのトレード記録とエントリー根拠を記録します。

ポンド円トレード記録(2020/6/18)日足

まずは日足の相場環境です。トレンドはないように見えます。

自分は日足でトレンドがない場合はあまりエントリーをしません。

ポンド円トレード記録(2020/6/18)日足2

ただこの日足ですが、赤丸の所は青線で示したように高値、安値をともに切り上げているように見えるため上昇トレンドと解釈する方もいるかと思います。

ですが、ポンド円は上下の動きが激しい通貨ペアのため、都合の良い解釈をしてエントリー回数を多くし損切りを増やすのも嫌だったため、全体を見てトレンドなしと判断しております。

ということで、いつもやっているスイングトレードの場合は今回エントリーをしないと思います。

次の4時間足でもトレンドが出ていなければエントリーはしないでおこうと思っていました。

4時間足の相場環境を確認

ポンド円トレード記録(2020/6/18)4時間足

次は4時間足です。ここでトレンドが出ていない場合、エントリーはしないつもりでしたが、青線で示したように高値、安値を同時に切り下げているように見えました。

さらに赤線で示した抵抗線を突破していましたので、この部分の戻り売りを狙えるかもと思っていました。

先ほどの日足で直近は上昇トレンドのように見えるがトレンドなしと判断し、4時間足では直近だけ見てトレンドが出たと判断するのも矛盾している気はしました。

ですが、直近の節目を抜けたことと、短期売買なら直近の動きでの判断でも良いであろうと思ったことからエントリーポイントを探すことにしました。

エントリー及び決済ポイント

ポンド円トレード記録(2020/6/18)5分足

次は5分足です。水平の赤線は先ほどの4時間足で引いた抵抗線です。この抵抗線を突破して一旦戻り出し、また落ちていく所を狙ってエントリーしました。(青丸)

そして利益確定は前回安値のピンク丸辺りを目安にしました。

日足でトレンドが出ていないためそんなに利益は伸びないかもと思いましたが、伸びるかもしれないので、半分だけ利益確定をして残りの半分で更なる利益獲得に期待をして持ち続けました。

ですが少し上がり始めたため、すぐに残りの半分も利益確定しました。結果(+19.3pips)と(+15.7pips)でした。

スポンサーリンク

決済後のお話・・・

で・・・・実はこの後に勢いよく下に落ちていき、すぐ利益確定せず持ち続けておけば良かったという状況になってしまいました。

ですが、こういうことはよくあります。

先ほど書いたのですが、なんとなしに利益確定をしたのではなく日足でトレンドが出ていないため、あまり利益は伸びないだろうと判断した根拠が自分なりにあった上での利益確定のため、これ以上はもうしょうがないと思います。

以上がポンド円(2020/6/18)のトレード記録でした。

半分利食いをして、残りの半分で利益を伸ばすというのをやりたかったのですが、利益を伸ばすというのはなかなか難しいものです。

ですが、今回のように直近安値までは最低でも利益をとっておきたい値幅となります。

以上、5分足スキャルピング戻り売り手法!環境認識~エントリー~決済まででした。

コメント