CADJPY(20/10/19~23)チャート分析

CADJPY(20/10/19~23)チャート分析

2020/10/19~23の1週間はCADJPYのトレードを行っていません。

後からチャートを見ての判断となりますが、チャートを分析してエントリーポイントの有無を確認したいと思います。

日足の相場環境分析

日足

CADJPYの日足です。日足の相場環境ですが、赤のトレンドラインで示したように三角持ち合いを形成しているように見えます。

よってトレンドは出ておらず、こういう状況でトレンドフォローを行うことは危険なように思います。

4時間足の状況にもよりますが、逆張りを中心にエントリーすることを考えてみたいと思います。

4時間足の相場環境分析

4時間足

CADJPYの4時間足です。4時間足は赤の矢印で示したようにしばらく上昇しているようです。

チャートの左側が切れていますが、チャート全体を大きく見ますと下落途中の上昇のように思えなくもないです。

いつ下降に転換するかは読めないため、直近の動きを重視して現在は上昇トレンドと判断しています。

ですが、赤の縦線の少し左側が大きく下落をしていることからレンジに移行するのか悩ましい所です。

よって直近の高値に赤の水平線を引いたのですが、ここを上抜けすれば上昇トレンド継続の可能性が高く上目線とすることとしてみます。

そして上抜けをしないで戻る動きを見せれば、逆張りということで下目線で考えたいと思います。

ここでどうなるかは他の時間足でもう少し詳しく見てみます。

1時間足

CADJPYの1時間足です。今回はこの1時間足を根拠に逆張りでエントリーができそうです。

まず先ほどの4時間足で引いた水平線の付近で一度止められて、押し目を形成したように見せかけ高値を更新できず下がってきました。(ピンク丸)

よって青線で引いたネックラインを割った所で「売り」エントリーできそうです。

ただこのエントリーで不安な場合は他の短い時間足も利用し、黄色丸辺りで戻り目を形成するポイントをねらうのが良いかと思います。

以上、CADJPY(20/10/19~23)チャート分析でした。

コメント