チャネルライン復帰後のスキャルピングトレード/チャート分析

EURUSDトレード過去検証(2020/07/11)1時間足

2020/07/11 EURUSDのトレードですが、狙っていたポイントはありましたが、その時にチャートを見ていなかったためエントリーをしていません。

よって(過去検証)ということで後から振り返ってみたいと思います。

まず日足は方向感なしでした。今日現在レンジの状態ですね。次に4時間足もレンジです。

この場合あまりエントリーはしないのですが、日足と4時間足でトレンドが出るのを待っているとエントリーチャンスがほとんどないため、1時間足も見てチャンスがないかをうかがっていました。

上記のチャートがEURUSDの1時間足です。インジケーターはボリンジャーバンドを使用(±2のみ表示)し、ラインは日足、4時間足、1時間足の節目となっている所に引いてあります。

ここでエントリーできそうに思っていたのは黄色丸の辺りです。ここは斜めに引いたチャネルラインにローソク足が戻ってきたポイントとなります。

さらに、長期足の節目に引いた水平線と、チャネルラインとして引いた内の下側のトレンドラインが重なっているポイントのためここら辺り「買い」エントリーを考えていました。

でも日足、4時間足で方向感がないためエントリーは5分足か15分足でのスキャルピングを狙い早めに手仕舞いを考えてのエントリーポイントです。

EURUSDトレード過去検証(2020/07/11)5分足

EURUSDの5分足です。黄色丸辺りは先ほどの1時間足での黄色丸の部分となります。

ここでは、大きな時間足の節目となるライン2本と5分足の移動平均線が重なるポイントのため、本当ならエントリーをしたかった所です。

損切りポイントは下側の黄色線辺り、リスクリワード1:1は最低でも取りたいため利益確定はボリンジャーバンドの+2にタッチして利益確定で良さそうですね。

やっぱり大きな時間足で方向感がない場合は、大きく利益を取るのは難しいのかなと思いました。

今回はエントリーはしていませんが、こういう形で自分なりの根拠をまとめることによって勉強にもなるため、これからもやってみようと思います。

以上、EURUSD/チャネルライン復帰後のスキャルピングトレード分析でした。

コメント