ダブルトップからのサポレジ転換でエントリー/チャート分析

ダブルトップからサポレジ転換でエントリー/チャート分析

USDCADの通貨ペアで(2020/12/28~31)にエントリーできそうなポイントがありました。

後からチャートを見ての判断となりますが、チャートを分析して次回以降に活かしたいと思います。

日足分析

日足分析

USDCADの日足となります。赤の縦線より右側が今回の検証対象期間である(2020/12/28~31)となります。

まずはここをなかったものと考え相場環境を分析し、エントリーポイントを探すという流れです。

日足の相場環境ですが、赤の矢印で示したように下降トレンドと判断できるかと思います。

エントリーポイントを探す際は大きな時間足にトレンドが出ている通貨ペアを探すのが良いかと思います。

大きな時間足がレンジの状態ですと、短期足で一時的にトレンドが出たと思っても、すぐに終了をしてしまう可能性が高く損切りに合ってしまいます。

よって大きな時間の流れに乗り、その方向へついて行くというのが基本的なやり方と考えます。

よって今回は「売り」目線で考え、細かいエントリーポイントを短期足で探していくことにします。

4時間足分析

4時間足分析

USDCADの4時間足です。赤の縦線は先ほどの日足と同じく、これより右側が検証対象期間(2020/12/28~31)となります。

そして赤の水平線は、この4時間足の節目と思われるところに引いてあります。

まず青線で示したようにダブルトップを形成しているように見えます。

そしてダブルトップのネックラインと過去の4時間足の節目の位置がちょうど一致しているようですので、そこを基準に水平線を引いています。

4時間足2

先ほどと同じくUSDCADの4時間足を拡大したものです。

エントリーポイントの候補としては青線で引いたダブルトップのネックラインを割って、一度戻しを付ける場面、ここの部分がサポートラインとレジスタンスラインの転換ポイントとなれば、ある程度自信を持ってエントリーが出来そうです。

赤丸辺りでエントリーをしたい所ですが、今回のケースですとリアルタイムでチャートを見ていた場合に4時間足でのエントリーは難しそうです。

時間足を変えて、もう少し分かりやすいポイントはないか見ていきたいと思います。

1時間足分析

1時間足

USDCADの1時間足です。先ほどの4時間足の赤丸辺りが上記の赤丸になります。

一度赤の水平線を下抜けした後に、上昇をし始め水平線を超えていきました。このまま水平線を下抜けしなかった場合はエントリーは見送った方が良いかと思います。

ただピンクの矢印で示したように陰線が移動平均線を下抜けして確定をしました。青線で引いたように戻り目の下値抵抗線も突破したことから、ここら辺で「売り」エントリーができそうです。

サポレジ転換と、この1時間足の移動平均線にきれいに反応して戻り目を形成していてくれれば一番分かりやすいかと思うのですが、きれいな形は毎回出てはくれないようです。

損切りポイントは、ピンク線で示した陰線の少し上くらいが第一候補になるかと思います。

リスクリワードとしては最低でも1:1を取り、損小利大を目指す場合は1:2もしくは1:3をねらいたい所です。

今回のケースでは1:2もしくは1:3どちらも可能でした。

ただどこまで利益が伸びるかはわからないため、利益が出だしたら少しずつ損切りポイントを利益の出る方向へ動かしていくやり方が良いかと思います。

資金管理の面から、最初に少ないLotでエントリーをして戻り目が来るたびに「売り」増しをしていくというのも一つの方法です。

とにかく資金を増やすことばかりに意識が向いてしまいますが、資金を無くさないということを第一に考えてトレードを行いましょう。

まとめ

日足、4時間足ともに大きな時間足は下降トレンドを形成中と判断。

そしてダブルトップを形成していると思われるためネックラインを割った後の戻り目、サポレジ転換を待ってのエントリーで利益が取れたかもしれない。

以上のような結果となりました。

コメント