スポンサーリンク

FX取引を始めるために必要なものは何?

FX取引を始めるために必要なものは何?

FXを始めるためには、いくつか用意をしなくてはいけないものがあります。

どんなものが必要なのでしょうか?解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

取引口座

FXを行う場合には数あるFX業者の中から、どれかを選び口座を開設する必要があります。

複数の口座を開設するのも良いですが最初の内は1つ、もしくは2つの口座を開設するところから始めてみるので良いかと思います。

そしてチャートなどの使い勝手を確認してみて、自分が使いやすいFX業者を見つけるのが良いでしょう。

そしてこのFX業者に自分の資金を預けることで、FX取引を始める第1歩を踏み出したことになります。

資金(証拠金)

FX取引を行うには開設した口座に資金を預け入れる必要があります。

数々のFX業者がありますが業者によって取引通貨単位がいくつかあり、必要とされる最低金額が異なります。

よって自分の開設したFX業者の最低必要金額は預け入れなくてはなりません。

以前までは10,000通貨単位のFX業者が多く、最低でも50,000円~100,000円程は預け入れないといけなかったのですが、最近では1,000通貨単位の業者も多くなってきました。

1,000通貨単位のFX業者の場合、数千円から取引が出来るため最初に多くの金額を用意しなくても良くなりました。

さらに最近では100通貨単位や、1通貨単位から取引ができるFX業者もあります。

1通貨単位のFX業者ですと、数円用意するだけで取引が可能なのはうれしいですね。

パソコン・スマホ・タブレット

FX口座を開設した会社のチャートを利用したり、資金の出し入れなどを行うためにはインターネットに接続されたパソコン・スマホ・タブレットが必要となります。

それほど高機能なものでなくても良いかと思いますが、画面が小さいとチャートなどが見づらくなるため、パソコンは用意しておくほうが良いと思います。

パソコンはハイスペックな方がいいの?

FX業者により多少の違いがあるものの、MT4をはじめ多数のチャートを表示させる機能は基本的に軽い方だと思います。

よってハイスペックのパソコンをあえて用意する必要はないものと考えます。

ただディスプレイの大きさは大事になってくるかと思います。小さいと見づらくなります。

経済ニュースやその他の情報、チャートなどを同時に表示させることもあるためディスプレイの大きさはある程度の大きさを確保したいものです。

スマホでもFXはできる?

スマートフォンですと、画面が小さいためFXをやるには向いていないように思われますが、実際の所はどうなのでしょうか?

最近のスマートフォンを利用してのFX取引はアプリが以前より改善され、多彩な機能が追加されています。

分析するにもトレードを行うにもパソコンとさほど変わらないほど、昨日が充実してきています。

ですが、やはり画面がパソコンに比べ小さく見づらく感じるのは間違いありません。

長期でのトレードを行う方にはスマートフォンでも可能かもしれませんが、スキャルピング、デイトレード中心の人はやりにくさを感じる可能性があります。

実際のトレードを始める前にデモトレードなどでどのような感じなのか試してみるのが良いでしょう。

インターネット環境

FXを行うにはインターネットを通じて行うため、パソコンを用意していてもインターネット環境が整っていないとFXはできません。

回線の速度も気になる所ですが、それほど早くなくともFXはできます。

コメント