MACDとは?

MACDとは?

今回はMACDと呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標のご紹介です。マックディーと読みます。

こちらも以前紹介したRSI、ストキャスティクスと共に人気のテクニカル指標となります。

ちなみにRSI、ストキャスティクスについて知りたい方は過去の記事へどうぞ

RSIとは?

ストキャスティクスとは?

ではMACD(マックディー)の説明に入ります。これはMoving Average Convergence Divergenceの略となります。

移動平均収束拡散法と日本語では言い、トレンドを把握するインジケーターの移動平均線がベースとなっております。

使われている移動平均線ですが、指数平滑移動平均線が使われており12日と26日の線を主に利用します。この日付は変えることも可能です。

この2つの日付の差が表示されており、もう一本の線(主に9日の平均線)がシグナル線となります。

MACDの買いサイン

MACDは中央を0として、上がプラス、下がマイナスとなります。

シグナルとして2本の線が中央の0より下にあるとき、シグナル線がMACD線を抜くと買いサインとなります。(下図参照)

MACDの買いサインの図

ではこれを実際のチャートで確認してみます。

MACDの買いサインの実際のチャート

上記の黄色丸が買いサインとなります。MT4のMACDの場合は一般的なMACDと違いシグナル線とMACD線の2本となります。

MACDの売りサイン

逆に2本の線が中央0の線より上にあり、シグナル線がMACD線を抜いたら売りシグナルとなります。(下図参照)

MACD 売りシグナル

ではこちらも実際のチャートで確認してみたいと思います。

MACDの売りサインの実際のチャート

上記の黄色丸が売りサインとなります。

画面での表示はRSI、ストキャスティクスと同様に画面下に表示されます。そしてこのMACDも完璧ではありません。

特にはトレンドの出ている場面では機能するようですが、レンジ相場ではあまり機能していないようです。

よって、他のインジケーターと組み合わせての使用が良いかと思います。

コメント