FXトレードノートをつけましょう!

FXトレードノートをつけましょう!

明けましておめでとうございます。2021年最初の投稿となります。

コロナが早く収束し、2021年度がみなさまにとって良い年になりますように・・・

今回のテーマはトレードノートの話です。

2021年もスタートいたしまして心機一転、今年もFXトレードを頑張るぞと意気込んでいる方、そうでない方も含めトレードを行っている全ての方におすすめします。

ではトレードノートとは何か?どういった内容を書いて行けばよいのか?書いた内容をどう活かしたらよいのかなど、具体例を解説していきます。

トレードノートとは何か?

トレードノートとは自分がトレードをした際のエントリーポイントや、その他のことを記録しておくものです。

手書きで普通のノートに記録するのも良いとは思いますし、エクセルなどに自分でまとめるのも良いかと思います。

後で説明をしていきたいと思いますがPCの場合、チャートをプリントスクリーンという形で残しておくのも良いかと思います。

とにかく後からトレードノートを見返した時に、どこでエントリーをしたのかが分かるように工夫しておくことが大事だと思います。

なぜトレードノートを書く必要性があるのか?

利益を獲得したから「勝ちトレード」ということで良しとし、損切りになったから「負けトレード」でダメだったと解釈して終わらせてしまうとトレードは上達していかないと思います。

大事なことは、なぜそこでエントリーをしたのか?という根拠の部分です。

大事なお金を投資しているわけですから何となしでトレードをするのではなく、しっかりと根拠をもってエントリーをしたいものです。

ですが、最初のうちによくあるのが「上がりそうだ」、「下がりそうだ」などの感覚だけでトレードをしてしまうことがあります。

あとは急に勢いが出てきた時に飛び乗りをしたりなど、一般的に良くないと言われているトレードをしていなかったかを後から見て確認できるようにしたいためにトレードノートを付けます。

そして間違ったトレードを2度と繰り返さないように付けるものだと解釈しても良いと思います。

どのようなことを記録しておくのか?

これは後から見て自分のエントリーポイントが分かるようにしておければ良いと思います。一例を紹介しておきます。

☆ 使用通貨ペア

☆ エントリーした日付、時刻

☆ 「買い」「売り」どちらか?

☆ Lot(取引数量)

☆ エントリーした際の根拠

☆ 結果(買ったか負けたか)

☆ 損益

☆ 自分で決めたルールを守ってトレードを行ったかどうか?(反省点など)

以上のことが中心になるかと思います。

特に大事な点はエントリーをした際の根拠です。ここがいい加減なままトレードを繰り返しても恐らく上達はしていかないものと思います。

めんどくさい方へ

AUDUSD(20/10/19~20)トレード記録 4時間足

これは自分の過去に行ったトレード記録となります。

その一部分ですが、チャートに簡単な印をつけておいて根拠やエントリーポイントを分かるようにした、というだけでも後から見たらわかるため良いかと思います。

例えば上記の例で言いますと赤線で示したように高値、安値を同時に切り下げているためにダウ理論でいう下降トレンドと判断して、大きな時間足の節目となるポイントを下抜けした後の戻り目である赤丸辺りでエントリーをした。

そして青線で引いた直近安値を目安に黄色丸辺りで利益確定をした。などくらいでも良いかと思います。

数字だけで記録しておくよりかはチャートを残しておいた方が、後から見て分かりやすいかと思います。

重要なこと

トレードノートを付けるにあたって重要なことは先ほども述べましたが、エントリー根拠と自分が決めたルールをしっかりと守ったかどうかという点です。

エントリー根拠のないトレードは良くないと思いますし、自分が決めたルールを守れなかったのも良くないことです。

これを繰り返していると間違いなく資金を無くします。

よって後から振り返る時間を作る必要もあります。土日を利用するのが良いでしょう。

トレードノートを付け続けるとどうなるのか?

先ほども述べたようにルールを守ってトレードを行っていたかがわかります。次に根拠を持ってエントリーしたかもわかります。

あとは自分の得意なパターンも分かってきます。といいますのもトレード記録を付け続けると、自分の勝ちパターンがだいたい同じになってくることに気づいてきます。

チャートパターンや時間帯、通貨ペアなど勝っている時がだいたい同じになってきます。

よってその時だけをねらうようにして、まずは勝利を積み重ね少しずつ資金を増やしていきたいですね。

その後に、勝ちパターンを増やしていけばよいと思います。

あと、根拠も持ってエントリーをしている、ルールも守っているのに負けているということも分かってきます。

そうなりますとエントリー根拠、自分で決めたルールを変更する必要性も出てきます。トレードノートを付けることにより改善の余地があることに気づくかと思います。

コメント