スポンサーリンク

FXはデモトレードから初めましょう!!

FXはデモトレードから初めましょう!!
スポンサーリンク

デモトレードから始める必要性とは?

FXを初めていきなり大切なお金を口座に入れて使ってしまった方はいませんか?

FXを初めようと口座を作ってしまうとお金を入れてしまいたくなる気持ちはわかります。

自分もそうでした。ですが最初から勝てる人はほとんどいないと思います。勝ったとしても偶然かもしれない・・・。

FXを初めて最初はお金を入れないことをおすすめします。勝てる可能性は低いからです。

ではどうするかというとデモ口座をつくり、まずこれで練習するべきかと思います。

そして目安としてはデモ口座で最初に設定した金額を2倍にすることができればリアル口座で取引するのもありかと思います。

やっぱり早く口座を作り、早く取引したい、早く儲けたいという気持ちが先行してしまいますので、この早く儲けたいという気持ちを抑えることが非常に大事です。

そしてFXをやっていて思ったのがエントリーの機会ってそんなにないですよね?

ですので無理やりにでもエントリーできると判断してしまい無理やり買い、売りを繰り返しお金をなくすわけです。

FXは逃げていきません・・・まずはデモ口座で金額を増やすことができればリアル口座で取引しましょう。目安は最初の金額を2倍です。

デモトレードを行うメリット

デモトレードにもメリットやデメリットが存在します。まずはメリットから見ていきましょう。

資金を入れる必要がない

最初はFXのことについて何もわからないものです。

何もわからない状況からお金を投入してトレードを行ってしまいますと操作ミス、取引数量の間違い、損切りの設定ミスなどで大損をしてしまう可能性があります。

その点、デモトレードとなりますと仮想のお金を使用しますので、操作ミスがあっても自身の資金を減らすことはありません。

実際のお金を使用する必要がない点がデモトレードの最大の魅力だと思います。

操作方法になれる

まず自分が口座開設をしようと思ったFX業者の注文方法やチャートの見方、インジケーターの使い方に慣れることができます。

まだ使い方もわからないままリアルトレードをするのは危険です。

FX業者によってチャートが見やすかったり、見づらかったりがありますし、元から入っているインジケーターにも違いがあります。

さらにスプレッドも違うため一度デモトレードで試してみることにより、スプレッドの違いによりエントリータイミングや利食いのタイミングなんかも変わってくるかもしれません。

事前にそういったことを把握しておくことは大事なことでありますので、デモトレードで慣れておく必要があります。

簡単な登録で無料で使用できる

デモトレードを利用する際には各FX業者とも登録作業が必要となります。

ですが、本登録よりも簡易的な作業のみとなり簡単です。

しかも無料のため、いろいろなFX業者の取引ツールの使い勝手やチャートが見やすいかどうかなど無料で比べてみることが可能です。

自分のトレードルールを無料で確立できる可能性がある

FXでリアルトレードに移る際に資金管理、エントリーポイント、利食いのポイント、損切りのポイントなど自身のトレードルールをしっかりと決めておかなくてはいけません。

その際にリアルトレードで実際のお金を使いながら試行錯誤していると、自分のトレードルールが決まる前に資金がなくなってしまう可能性があります。

よってデモトレードを利用してある程度の勝率か、リスクリワードを確保できたことを確認してから実際のトレードに移れるようにするのが良いかと思います。

デモトレードのデメリット

メンタル面に影響がない

事前にデモトレードをやるということは大事な要素と考えます。ただこのデモトレードでは事前に把握できないことがあります。

それはメンタル面です。つまり損失を出した時に実際のお金ではないため、精神面の影響があまりないということです。

これがデモトレードとリアルトレードの一番の違いです。

精神面での影響がないため、レバレッジを大きくかけて偶然勝ったとします。

リアルトレードでも大丈夫だと思い、リアルトレードに移行したが勝てなくなったという人は大勢います。

これはリアルトレードになったことで、かなり慎重になり少しの利益で決裁したり、大きな損を出しても戻ることを期待して塩漬けしたりと、デモトレードでは経験しなかったことが起こることに起因します。

対策としてはデモトレードの時点でしっかりと自己ルールを守り、リアルトレードのつもりで練習をするしかありません。

そしてリアルトレードに移行して、すぐにレバレッジを大きくかけないようにする、一回の損切りの額が少なめになるように枚数調整をするなどが大事になってきます。

FX業者によってはリアルトレードと同じ機能が使えないこともある

デモトレードもFX業者により様々で、その業者独自の特別なメニューなどが存在している場合があります。

その際にはデモトレードでは気軽に利用してみることが出来ずに、本登録後にのみ使用できるというものも存在します。

そういった場合はデモトレードの登録のみでは体験することができません。

デモトレードで確立しておきたいこと

資金管理

まずはこれに尽きます。

デモトレードでは実際の資金を投入していないため、緊張感をもってトレードをすることに欠ける点がデメリットということは先ほど紹介しました。

ですが、しばらくしてリアルトレードに移行すると思います。

その際に資金管理についてきちんと決めておかないと、大きく損をしてしまう可能性があります。

よって1回の損失はどこまでなら許容できるのか?枚数はどの程度でいくのか?利食いはどのあたりを目安にするのか?などはしっかりと決めておきたいものです。

特に重要となるのが損失を出した時の処置です。リアルトレードに移行し、損失が出た時にどこで損切りをするのかは絶対に決めておかなくてはいけない項目となります。

操作方法の熟知

FX業者によって注文方法や、表示のされ方が多少異なっていることから自分が使ってみたいFX業者の取引ツールに慣れておく必要があるかと思います。

そしてFXには注文方法が多数存在します。成行注文以外の注文方法も利用する機会があるかと思います。

よって様々な注文方法を理解して、試しに使用してみる必要があるかと思います。

自分のトレードルールを確立する

最初に紹介した、資金管理も含めましてトレードスタイルはデモトレードの内に確率しておきたいものです。

スキャルピングトレード、デイトレード、スイングトレードの中からどのスタイルでいくのか?

自分の生活スタイルから決めていく必要があるでしょう。

そしてどういう時にエントリーを行うのか?、その際の資金はどの程度投入するのか?、損切り位置をどうするのか?、などはしっかりと決めてからリアルトレードに移行しましょう。

PCのみでなくスマホ取引も確認する

パソコンだけでなくスマートフォンでの取引ツールにも慣れておく必要があるかもしれません。

家でのみトレードを行うという方は、たいした問題ではないのですが外出先でチャートを確認したり、注文の変更をしたい場合はスマートフォンから操作することになります。

スマートフォンでの操作となりますと、パソコン画面と違い制約が多くなる場合があり同等の機能が使用できないことがあります。

あと様々な注文方法の内、一部は出来ないとか慣れていないとよく分からないものも存在します。

よってスマートフォンからの取引も勉強をしておいたほうが良さそうです。

まとめ

FXを始める際はリアルトレードから始めるのではなく、デモトレードから始める必要があると考えます。

ただデモトレードにもメリット、デメリットが存在するため、そのことを理解しておきたいものです。

メリットとしては、お金がかからない、操作方法に慣れる、トレードスタイルを確立できるなどがあります。

デメリットとしては、メンタル面に影響が出ないため、リアルトレードに移行した際の訓練とならない可能性があります。

デモトレードを実行しているうちに確立しておきたいことについても書いておきました。参考になれば幸いです。

コメント