FXはデモから初めましょう!!

FXはデモから初めましょう!!

デモトレードから始める必要性とは?

FXを初めていきなり大切なお金を口座に入れて使ってしまった方はいませんか?

FXを初めようと口座を作ってしまうとお金を入れてしまいたくなる気持ちはわかります。

自分もそうでした。ですが最初から勝てる人はほとんどいないと思います。勝ったとしても偶然かもしれない・・・。

FXを初めて最初はお金を入れないことをおすすめします。勝てる可能性は低いからです。

ではどうするかというとデモ口座をつくり、まずこれで練習するべきかと思います。

そして目安としてはデモ口座で最初に設定した金額を2倍にすることができればリアル口座で取引するのもありかと思います。自分はこれができませんでした。

やっぱり早く口座を作り、早く取引したい、早く儲けたいという気持ちが先行してしますからですね。

まず大事なのは、この早く儲けたいという気持ちを抑えることが非常に大事です。

そしてFXをやっていて思ったのがエントリーの機会ってそんなにないですよね?

ですので無理やりにでもエントリーできると判断してしまい無理やり買い、売りを繰り返しお金をなくすわけです。

FXは逃げていきません・・・まずはデモ口座で金額を増やすことができればリアル口座で取引しましょう。目安は最初の金額を2倍です。

デモトレードを行うメリット

まず自分が口座開設をしようと思ったFX業者の注文方法やチャートの見方、インジケーターの使い方になれることができます。

まだ使い方もわからないままリアルトレードをするのは危険です。

FX業者によってチャートが見やすかったり、見づらかったりがありますし、元から入っているインジケーターにも違いがあります。

さらにスプレッドも違うため一度デモトレードで試してみることにより、スプレッドの違いによりエントリータイミングや利食いのタイミングなんかも変わってくるかもしれません。

事前にそういったことを把握しておくことは大事なことでありますので、デモトレードで慣れておく必要があります。

デモトレードのデメリット

事前にデモトレードをやるということは大事な要素と考えます。ただこのデモトレードでは事前に把握できないことがあります。

それはメンタル面です。つまり損失を出した時に実際のお金ではないため、精神面の影響があまりないということです。

これがデモトレードとリアルトレードの一番の違いです。

精神面での影響がないため、レバレッジを大きくかけて偶然勝ったとします。

リアルトレードでも大丈夫だと思い、リアルトレードに移行したが勝てなくなったという人は大勢います。

これはリアルトレードになったことで、かなり慎重になり少しの利益で決裁したり、大きな損を出しても戻ることを期待して塩漬けしたりと、デモトレードでは経験しなかったことが起こることに起因します。

対策としてはデモトレードの時点でしっかりと自己ルールを守り、リアルトレードのつもりで練習をするしかありません。

そしてリアルトレードに移行して、すぐにレバレッジを大きくかけないようにする、一回の損切りの額が少なめになるように枚数調整をするなどが大事になってきます。

コメント