GBPUSD(20/08/11)三役逆転トレード記録

GBPUSD(20/08/11)三役逆転トレード記録

2020/08/11にポンドドルのトレードを行いました。今回はいつもはほとんどやらない一目均衡表を使用しての三役逆転でのエントリーです。

トレード結果とエントリー根拠を記録しておきます。

GBPUSD(20/08/11)5分足

ポンドドルの5分足です。

本来は日足から相場環境を分析をするのですが、今回は短い時間足で一目均衡表の三役好転か三役逆転がどのくらい機能するのか見てみたく2回だけですがエントリーをしてみました。

今回は5分足しか見ていませんが、これから機会があれば回数も時間足も増やしていき結果を検証していきたいと思います。

本当は相場環境の認識をしないで短期足のみ+三役好転or逆転をやっても勝ち続けることは無理だと思います。

よって次回は相場環境の認識をして三役好転or逆転をねらってみようかと思います。

ちなみに三役好転とは、転換線が基準線を上抜け+ローソク足が雲を上抜ける+遅行スパンがローソク足を上抜く、この3つが揃うことをいいます。

三役逆転はその反対になります。一目均衡表については別記事で詳しく書きましたのでそちらを参照してください。

一目均衡表とは?

ではエントリーポイントの話です。まずはピンク丸の所で三役逆転になりましたので「売り」エントリー、その後に戻ってしまいましたので一度損切り。

しばらく待っているともう一度三役逆転になりました。よって黄色丸で再度「売り」エントリーを行いました。

5分足の直近安値付近で利益確定をしました。

トレード結果

再度トレード結果です。1回目約-13pips、2回目+20pipsで計約+7pipsくらいでした。

次回以降はただ単に三役逆転でトレードをするのではなく、相場環境の認識や水平線、トレンドラインなども使用して分析してみたいと思います。

以上、GBPUSD(20/08/11)三役逆転トレード記録でした。

コメント