スポンサーリンク

ゴールデンクロスでエントリーしてみた!/トレード記録

EURJPY(20/08/11)ゴールデンクロスでエントリーしてみた!

2020/08/11にユーロ円のトレードを行いました。タイトル通り移動平均線のゴールデンクロスをサインにエントリーをしております。

トレード結果とエントリー根拠を記録しておきます。

なお移動平均線やゴールデンクロス、デッドクロスに関しては別記事で書いておりますので、そちらを参照してください。

FXで移動平均線を使った手法

EURJPY(20/08/11)日足

まずは日足です。日足は直近急激な上昇トレンドを形成していますね。

直近高値を基準に引いた赤の水平線も突破しているため、時間足を変えて押し目買いをしたい所です。

EURJPY(20/08/11)4時間足

4時間足です。4時間足も上昇トレンドを形成しているようです。日足、4時間足ともに明らかな上昇トレンドを形成し、「買い」優勢と判断しました。

EURJPY(20/08/11)15分足

15分足となります。今回ゴールデンクロスでのエントリーを考えていたため時間足を変えながらタイミングをうかがっていたのですが、この15分足で良さそうなサインが出ていました。

赤丸の所です。移動平均線のゴールデンクロス後に下ヒゲが長く、黄色の移動平均線にきれいに乗っています。

よってこの赤丸の少し後くらいに「買い」エントリーを行いました。ちょうどその辺りでドイツの経済指標の発表があり結果が良かったため、勢いよくユーロ高になっていきました。

その後の問題としてどこで利食いを行うかです。

移動平均線のゴールデンクロスの検証をしてみたかったエントリーのためデッドクロスまでは持ち続けようかとも思いましたが、デッドクロスになるまで持ち続けると利益が減るのは過去のチャートを見比べていたらすでに分かっていたことでした。

よって今回上記のチャートに表示はさせていませんが、ボリンジャーバンドの4時間足で+2にタッチするまでは持ち続けようと考えていました。

上昇するたびに損切り位置を上にずらしていき、4時間足のボリンジャーバンドの+2にタッチすればいいなと思っていましたが、上記15分足チャートの青丸の所で逆指値に引っかかり利益確定となってしまいました。

しかもその後に勢いを増し、結局4時間足の+2にタッチしていたようです。40pips~50pipsくらい取り逃していますのでかなり悔しい結果となっています。

逆指値を利益が出ると上にずらしていくのは良いと思うのですが、タイミングが非常に難しいですね。

今回は早く上に上げすぎたために早めに引っかかってしまった。数日前はタイミングを遅くしたため±0で終わってしまったこともあります。

利食いをどこで行うかは正解はなく難しい問題だと思いますが、市場から退場する人の特徴が「コツコツ、ドカン!」と言われるように、小さく勝って大きく負けるパターンです。

よってその逆をしなくてはならないことを考えると、利益は取れる時に取っておく必要があるのかなと思います。

トレード結果

再度、トレード結果です。約+23pipsです。取り逃しが多いトレードだけに悔しい結果ですが、気持ちを切り替えていきたいと思います。

以上、ゴールデンクロスでエントリーしてみた!/トレード記録でした。

コメント