長期足節目からの反発狙いスキャルピングトレード記録(+6pips)

ドル円(20/07/16)トレード記録

本日ドル円にて取引を行いました。トレード記録を残しておきたいと思います。

まずは環境認識から・・・

ドル円日足(20/07/16)

ドル円の日足は明らかなレンジで方向性はないようですね。

ドル円4時間足(20/07/16)

次に4時間足です。こちらも方向感のないレンジの状態と判断しています。赤の線を引いてあるように長期的に見ると下降フラッグのようにも見えますので、いつかは下がるかもしれませんね。

よって日足、4時間足の長期足ではトレンドがないと判断しました。よって短い時間足でのスキャルピングで短期で売買をして少しの利益を確保しようと考えました。

ドル円1時間足(20/07/16)

1時間足です。赤の水平線で分かるように同じ価格帯で反発していましたので、短期的に「買い」を行うつもりでいました。

ドル円5分足(20/07/16)

最後に5分足です。青丸辺りで一度押し目を形成して上がっていきそうでしたので「買い」を入れました。利益確定は前回高値付近(赤線辺り)を考えていました。

長期足で方向感がないため、あまり長くポジションを持つのは良くないかなという判断で早めの手仕舞いでした。

ドル円トレード結果(20/07/16)

最後にもう一度トレード結果です。約+6pipsです。プラスで終えたのでこれで良しとします。

トレードとしてはシンプルなもので特別な理論とかは使っていないのですが、次回以降はエリオット波動やウォルフ波動を使って利益を上げてみたいなと考えています。

コメント