スポンサーリンク

GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録

GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録

2020/09/17にポンド円の通貨ペアでトレードを行いました。トレード結果とエントリー根拠を記録しておきます。

GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録 日足

ポンド円の日足となります。タイトル通り今回は1分足を使ったトレードを行ったのですが、日足から相場環境の認識はしております。

まず日足の相場環境はピンク線で示したように高値、安値を同時に切り上げており、上昇トレンドと判断しても良いかなと思っていました。

青線部分を含め大きく見ると下降フラッグを形成しているようにも見えます。よってしばらくすると下降していくかもしれません。

そして今回注目した点は直近の赤丸部分です。上昇トレンドを形成しているとはいえ、直近の下落は勢いが強くこのような状態で「買い」をねらうのは少し危険なような気がします。

直近の動きを重視した場合「売り」を検討した方が良いかもしれないと思っていました。

GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録 4時間足

ポンド円の4時間足です。赤の水平線は節目を基準に引いたものです、ここをもし下回れば「売り」を行っても良いかなと思っていました。

ちなみに上記のチャートは既に赤の水平線を下回っていますが、これはブログ執筆時のチャートです。エントリーを検討していた時はまだ下回っていませんでした。

GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録 1分足

ポンド円の1分足です。今回エントリーは1分足で行っております。水平線を下回りきれいな戻り目を形成して再下降し始めた赤丸辺りで「売り」を行いました。

そして利益確定はピンク丸辺りです。ここで今回も半分だけ決裁をおこないました。

そして残りの半分で利益を伸ばすことにしてみたのですが、チャートを見てもらうと分かるのです「行って来い」といわれる状態になったようです。

よって青丸辺りで利益確定としました。今の所ですが残り半分で利益を伸ばすのは、あまりうまくいっていないようです。

ただまだ数回の検証ですので、もう少し分割決済に関しては様子を見たい所です。

トレード結果

再度トレード結果です。約+24pips、+0.6pipsです。

以上、GBPJPY(20/09/17)1分足トレード記録でした。

コメント