CFD/買いで金利を支払い、売りで金利を受け取れます!

CFD/買いで金利を支払い、売りで金利を受け取れます!

CFDにも金利を受け取ることができたり、支払ったりすることがあるのはFXと同じです。

FXではスワップポイントで稼ぐ方法もあるため人気になっています。

CFDの場合は金利の仕組みがFXと少し異なります。

今回はCFDの金利についてFXと異なる点を解説します。

FX/スワップポイントの仕組み

FXの場合の一例ですが、AUD/JPY(オーストラリアドル/円)を買ったとします。

ここでは仮にオーストラリアの金利が5.0%、日本が0.1%とします。

そうしますと5.0%-0.1%=4.9%のスワップポイントを受け取ることが出来ます。

つまりFXの場合は、金利の高い通貨を金利の安い通貨で買えば、差額分をスワップポイントとして受け取ることが出来ます。

もともと金利を受け取ることが出来るというのは、国債などの何かを買った時にもらえるというイメージがあります。

株なども購入をしたら配当がもらえることから、何かを買って金利を受け取ると考えるのが普通ですね。

CFD/買うと金利を支払い、売ると金利を受け取ることが出来る!

CFDの場合は異なります。

買うと金利を支払い、売ると金利を受け取るという仕組みとなっています。

一例としてどこかの会社の株を購入するとします。(A社とします)

この場合にFXの通貨ペア風に表示しますと「A社株/円」となります。

つまり円でA社株を買うということになります。

ただA社株は株のため金利は発生しません。

ですが円には先ほどの例を用いまして0.1%の支払いの金利が発生しています。

A社株(金利なし)-0.1%=-0.1%(金利の支払いが発生する!)

よって証券CFDで個別株や株価指数を買うと、金利の支払いが発生するという仕組みとなっています。

また限月CFDのように先物銘柄が対象ですと、金利のやり取り事態が発生しないものもあります。

まとめ

FXとCFDでは金利の考え方が異なります。

FX→金利の高い通貨を、金利の低い通貨で買うと金利を受け取ることが出来ます。

CFD→「株式CFD」「指数CFD」は買うと金利の支払いが発生します。

金利の計算方法は取扱業者によって多少の違いがあります。

事前に確認をしておきましょう。

コメント