スポンサーリンク

CAD/JPY(20/08/10~14)エントリーポイント検証

CAD/JPY(20/08/10~14)エントリーポイント検証

2020/08/10~14のCAD/JPYを後から見てになりますが、エントリーできるポイントはなかったかどうか検証してみたいと思います。

CAD/JPY(20/08/10~14)日足

まずは日足です。毎回日足の相場環境を見ることには時間をかけます。赤の縦線より右側が今回の検証対象(2020/08/10~14)となります。

青線で示したようにボラティリティが非常に高いように見えますが、高値安値を同時に切り上げておりダウ理論で言う所の上昇トレンドを形成しているように思われます。

「買い」を行う場合は利益を大きくねらい、逆張りする場合は早めに手仕舞いをしたい所です。

CAD/JPY(20/08/10~14)4時間足

続いて4時間足です。赤の縦線より右側が今回の検証対象で、水平線はこの4時間足の節目を基準に引いたものです。

ねらい目は水平線を突破したあとに押し目を作った赤丸の所です。前回のEUR/GBPの記事を書いた時にかなり強い勢いが出た後はねらわないほうが良いのではないか?

という記事を書いたのですが、こちらの赤丸の場面もかなり強い勢いの出たあとの押し目となります。

前回の記事を参考にすると今回「買い」は行わない方が良いかと思うのですが、EUR/GBPとCAD/JPYの違いとして前者はレンジ、後者は上昇トレンドという点が挙げられます。

よって今回の場合は積極的に「買い」を行いたい所です。ただこの4時間足ではエントリーは少し難しそうですので1時間足を見てみます。

CAD/JPY(20/08/10~14)1時間足

1時間足です。水平線突破後押し目を作って再上昇した赤丸ポイントは移動平均線にもタッチしているため「買い」を行うのに良いポイントかと思います。

そして今回の問題点は利食いポイントです。赤丸ポイントでエントリーをして1時間足のボリンジャーバンド+2にタッチしたくらいで4時間足の+2にもタッチしています。

4時間足の+2にタッチを利食いの目安にしているため今回の場合、リスクリワードがだいたい1:1となります。

最近思うこととしてリスクリワードは1:2以上をねらいたいため、今回の場合どうするか迷う所ではあります。

自分の中での解決策として日足が上昇トレンドということで、リスクリワード1:2以上になるまで様子を見るというのが良いかもしれないと思っています。

チャートを後から見て検証しているため何とでも解釈ができるということもあるのですが、±0で終わることも覚悟で大きく取りに行きたいと最近は思っているため、日足のトレンドと同じ方向なら粘ってみるのもいいかもしれません。

そしてこの赤丸ポイントの上にもう一つ押し目を形成しているポイントがあります。自分がもしリアルタイムでチャートを見ていたらエントリーしていたかもしれません。

ただリスクリワード1:2以上を目指していると一度利益が出ても戻ってきてしまい、±0で終わっているようですね。そして今回はこれ以上にエントリーポイントは見つかりませんでした。

もう少し短い時間足に変えるとあったかもしれませんが、最近は1時間足以上を信用しています。よって今回はこのくらいにしたいと思います。

以上、CAD/JPY(2020/08/10~14)のエントリーポイント検証でした。

コメント