スポンサーリンク

AUDJPY(20/10/19~23)チャート分析

AUDJPY(20/10/19~23)チャート分析

2020/10/19~23の1週間はAUDJPYのトレードを行っていません。

勉強の意味も込めて、この期間を振り返りエントリーできるポイントはなかったかどうか、チャートを分析してみたいと思います。

スポンサーリンク

日足の相場環境確認

日足

AUDJPYの日足です。まずは日足の相場環境を確認してみたいと思います。しばらくの間はきれいな上昇トレンドを形成しているように見えます。

ですが直近で一度大きく下落し、その後に少し上昇→下降という状況です。

高値も安値も切り上げ、切り下げがないため現在の日足は上昇トレンドとも下降トレンドとも言えない状況かと思います。

つまりレンジと判断して4時間足の状況にもよりますが、逆張りのポイントを探したほうが良いかもしれません。

4時間足分析

4時間足

AUDJPYの4時間足です。4時間足はしばらくの間、下降トレンドを形成しているようにみえます。

ですが赤のトレンドラインで示したように下降フラッグと言われるチャートパターンを形成したように見えます。

この下降フラッグ内に下値がほぼ同じ位置で止められたポイントがあるため、水平線を引いて置いたのですが、この水平線を下抜けしたため戻り目を形成したらエントリーが出来そうです。

ただ日足で相場環境を分析した際にレンジと判断しました。よって4時間足ではトレンドが出たとしても長くは続かない可能性があります。

よってポジションを持っても早めの手仕舞いが良いかと思います。

エントリーポイントしては移動平均線にもきれいに反応した赤丸ポイントが良いかと思います。

本当は4時間足の安値(青線)を下抜けすると下降トレンド継続となるため青線突破まで待ちたい所です。

ですが赤丸ポイントでもチャートパターンの下降フラッグを抜けての戻り目形成でありますし、同じところで何回か止められていた水平線を下抜けしたためねらってみても良いと思います。

以上、AUDJPY(20/10/19~23)チャート分析でした。

コメント