スポンサーリンク

1時間足の節目を利用したトレード記録(+22pips)

ポンドドル(2020/08/26)トレード記録

2020/08/26にポンドドルのトレードをおこないました。約+22pipsとなりました。エントリーポイントとエントリー根拠を記録しておきます。

ポンドドル(2020/08/26)日足

ポンドドルの日足です。長期足の相場環境をまずは確認しました。日足は高値安値を同時に切り上げており、上昇トレンドと言って良いように思えます。

気になる点としましては赤で引いた水平線で高値を止められている点、次に直近はレンジのようになっている点です。

水平線を超えれば積極的に「買い」で行きたい所ですが、しばらくはよく分からない状況が続くかもしれません。

ポンドドル(2020/08/26)4時間足

続きましてポンドドルの4時間足です。

直近は明らかにレンジのように見えます。「買い」「売り」どちらを行っても、そんなに利益は伸びないかもとこの時点では思っていました。

ポンドドル(2020/08/26)1時間足

ポンドドルの1時間足です。今回エントリーはこの1時間足で行いました。赤の水平線は1時間足の節目を基準に引いたものになります。

水平線を一度上抜けして押し目を形成後に再上昇した赤丸辺りで「買い」を行っています。そして今回迷ったのが利益確定をどこにするかです。

エントリー後に上の水平線を利益確定の目標とするとかなり距離があります。そこまで粘っても良いのですが、長期足は直近がレンジとなっており今後どう動くかは分かりません。

よってボリンジャーバンド+2にタッチするあたりに1.31800とキリの良い数字があったため、この数字を目安にしました。

指値注文を入れておき見事に利益確定をしました。このブログを書いている現在ではまだ上に伸びてはいますが、20pipsはとれましたので良しとします。

トレード結果

トレード結果です。約+22pipsとなりました。

チャートを見て見ますとさらに勢いを増して上に伸びている・・・なんかもったいなかったかな?

以上、1時間足の節目を利用したトレード記録でした。

コメント