※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

FXの自動売買は危険?現実を知って稼ぎましょう

FXの自動売買は危険?現実を知って稼ぎましょう

FX自動売買は、自分で売買をする必要がなく、24時間365日自動で取引を行うことができるため、初心者や忙しい人でも簡単に始められると人気があります。

しかし、FX自動売買はあくまでもツールであり、利益を保証するものではありません。

そこで、この記事では、FX自動売買の危険性と現実について解説します。

FX自動売買で失敗しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

FX自動売買の危険性

システムの性能や相場の急変動による損失

FX自動売買システムは、過去の相場データに基づいて作成されています。

しかし、相場は常に変化するため、過去のデータに基づいて作成されたシステムが、必ずしも現在も有効であるとは限りません。

また、相場の急変動によって、システムが想定していない損失が発生する可能性もあります。

システムの設定や運用状況の確認による手間

FX自動売買システムは、自分で設定や運用を行う必要があります。

システムの設定や運用状況を適切に管理しないと、損失が発生する可能性があります。

詐欺的なFX自動売買システムによる被害

近年、詐欺的なFX自動売買システムが横行しています。

これらのシステムは、実際には利益を上げることができないにもかかわらず、高額な料金を請求する場合があります。

FX自動売買は、うまく活用すれば大きな利益を得ることができる可能性があります。

しかし、FXのリスクを理解し、適切な運用を心がけることが大切です。

FX自動売買の現実

FX自動売買で成功している人は少数派

FX自動売買で成功している人は、全体のごく一部に過ぎません。

FX自動売買の専門家や、長年FX取引を続けている人でも、必ずしも成功するとは限りません。

FX自動売買で損失を出す人が多い

FX自動売買で損失を出す人は、全体の大多数を占めていると言われています。

FX自動売買は、相場の急変動による損失が発生する可能性があるため、適切なリスク管理が重要です。

しかし、FXの基礎知識や経験が不足している人が多く、適切なリスク管理ができずに損失を出すケースが多いようです。

運用期間が長いほど、利益を出す可能性が高くなる

FX自動売買は、過去の相場データに基づいて作成されたシステムを元に運用されます。

そのため、運用期間が長いほど、システムの有効性を確認できるため、利益を出す可能性が高くなります。

例えば、あるFX自動売買システムは、過去のデータに基づくと、100万円の資金で運用した場合、毎月5万円の利益を上げることができるとされています。

しかし、運用期間が1年未満の場合、システムの有効性を十分に確認できないため、実際の運用では利益が出るかどうかわかりません。

運用期間が長くなることで、システムの有効性をより確実に確認できるため、利益を出す可能性が高くなります。

運用資金を多く投入すれば、利益も大きくなる可能性がある

FX自動売買は、運用資金を多く投入すれば、利益も大きくなる可能性があります。

例えば、あるFX自動売買システムは、100万円の資金で運用した場合、毎月5万円の利益を上げることができるとされています。

しかし、運用資金を200万円に増やした場合、毎月10万円の利益を上げることができる可能性があります。

運用資金を多く投入することで、システムの利益を拡大することができるため、より大きな利益を得ることができます。

ただ当然ながら多くの資金を投入した場合には、損失も大きくなる可能性に気を付けなくてはなりません。

相場の急変動によって、大きな損失が発生する可能性がある

FX自動売買は、相場の急変動によって、大きな損失が発生する可能性があります。

例えば、あるFX自動売買システムは、ロスカットを設定することで、損失を抑えることができるとされています。

しかし、相場が急変動した場合、ロスカットが間に合わず、大きな損失が発生する可能性があります。

相場の急変動は、FX自動売買において大きなリスクとなります。

そのため、相場の急変動に備えて、ロスカットの設定など、リスク管理を徹底することが大切です。

FX自動売買の適性

FX自動売買に向いている人

FXのリスクを理解している

FX自動売買は、相場の急変動によって損失が発生する可能性があります。

そのため、FXのリスクを理解し、適切なリスク管理を行うことが大切です。

ある程度の知識や経験がある

FX自動売買システムは、過去の相場データに基づいて作成されます。

そのため、相場に関する知識や経験があると、より効果的なシステムを選ぶことができます。

また、運用状況を管理するためにも、ある程度の知識や経験が必要です。

長期的な運用に耐えられる

FX自動売買は、短期的な利益を狙うよりも、長期的な運用で利益を積み重ねていくのが一般的です。

そのため、短期的な損失に動じずに、長期的な運用に耐えられる人が向いています。

FX自動売買に向いていない人

FXのリスクを理解していない人

FX自動売買は、相場の急変動によって損失が発生する可能性があります。

そのため、FXのリスクを理解し、適切なリスク管理を行うことが大切です。

FXのリスクを理解していない人は、相場の急変動によって大きな損失を被る可能性があります。

FXの知識や経験がない人

FX自動売買システムは、過去の相場データに基づいて作成されます。

そのため、相場に関する知識や経験があると、より効果的なシステムを選ぶことができます。

また、運用状況を管理するためにも、ある程度の知識や経験が必要です。

FXの知識や経験がない人は、適切なシステムを選ぶことができず、また運用状況を管理することも難しいでしょう。

短期的な利益を狙う人

FX自動売買は、短期的な利益を狙うよりも、長期的な運用で利益を積み重ねていくのが一般的です。

そのため、短期的な損失に動じずに、長期的な運用に耐えられる人が向いています。

短期的な利益を狙う人は、FX自動売買のメリットを活かすことができません。

FX自動売買を始める前に準備しておくべきこと

FXの基礎知識を学ぶ

FX自動売買を始める前に、FXの基礎知識を学ぶことが大切です。

FXの基礎知識を学ぶことで、FXのリスクを理解し、適切な運用を行うことができるようになります。

FXの基礎知識には、以下のようなものがあります。

  • FXの仕組み
  • 為替レートの変動要因
  • 注文方法
  • リスク管理

これらの知識を身につけることで、FX自動売買で成功する可能性を高めることができます。

FXの基礎知識を学ぶ方法は、以下のようなものがあります。

  • 書籍やWebサイトを利用する
  • FXスクールに通う
  • セミナーに参加する

自分の学習スタイルに合った方法で、FXの基礎知識を学びましょう。

FX自動売買のシステムや業者を選ぶ

FX自動売買を始める際には、システムや業者を選ぶ必要があります。

システムや業者の選び方によって、FX自動売買の成功率や利益率に大きく影響するため、慎重に選ぶことが大切です。

システムを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 運用手法:どの手法で取引を行うのかを決める。
  • バックテスト結果:過去の相場データでの実績を確認する。
  • 運用コスト:システム利用料やスプレッドなどのコストを確認する。

業者を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 信頼性:金融庁の登録業者かどうかを確認する。
  • サービス内容:システムの提供や取引環境などのサービス内容を確認する。
  • サポート体制:システムの運用やトラブル時のサポート体制を確認する。

FX自動売買のシステムや業者を選ぶためのポイント

FX自動売買のシステムや業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 自分の投資目的やスタイルに合ったシステムや業者を選ぶ
  • 複数のシステムや業者を比較検討する
  • 無料のデモトレードを利用して、システムや業者の使い勝手を試してみる

自分の投資目的やスタイルに合ったシステムや業者を選ぶことで、FX自動売買で成功する可能性が高まります。

また、複数のシステムや業者を比較検討することで、より自分に合ったシステムや業者を見つけることができます。

さらに、無料のデモトレードを利用して、システムや業者の使い勝手を試してみることで、運用をイメージしやすくなります。

当ブログおすすめ自動売買業者はこちらです↓

FXブロードネット

自動リピート注文トラッキングトレードが使えます!

アイネット証券

人気の自動売買システム『ループ・イフダン』が使える!!

運用資金を用意する

FX自動売買を始めるには、運用資金を用意する必要があります。

運用資金は、FX自動売買システムの運用に必要な費用と、相場の急変動による損失に備えた資金の両方を用意する必要があります。

FX自動売買システムの運用に必要な費用は、FX業者によって異なります。

また、相場の急変動による損失に備えた資金は、運用資金の20%程度を目安に用意するとよいでしょう。

運用資金は、FX自動売買で発生する損失をカバーできるだけの資金を用意することが大切です。

また、運用資金は、生活費や緊急時の備えなどに充てられるように、余裕を持った金額を用意しておきましょう。

FX自動売買で失敗しないためのポイント

FX自動売買のリスクを理解する

上記の「FX自動売買の危険性」で解説した内容と同じです。

相場の急変動による損失、システムの性能や設定の誤りによる損失、FX自動売買システムの詐欺商品などです。

これらのリスクをしっかりと理解することが重要になってきます。

資金管理を徹底する

FX自動売買で失敗しないためには、資金管理を徹底することが大切です。

FX自動売買は、相場の急変動によって損失が発生する可能性があるため、損失を最小限に抑えることが重要です。

資金管理には、以下の2つのポイントがあります。

  • レバレッジを適切に設定する
  • 損切りルールを決める

レバレッジを適切に設定する

レバレッジとは、少ない資金で大きな取引ができる仕組みです。

レバレッジを高く設定すると、大きな利益を狙うことができますが、同時に損失も大きくなります。

そのため、レバレッジは、運用資金やリスク許容度に合わせて適切に設定することが大切です。

レバレッジを高く設定する場合は、リスクを十分に理解した上で行うようにしましょう。

損切りルールを決める

損切りとは、損失が発生した際に、損失を確定させるためのルールです。

損切りルールを決めることで、損失を最小限に抑えることができます。

損切りルールは、以下のようなものが考えられます。

  • 一定の金額の損失が発生したら損切りする
  • 一定のパーセンテージの損失が発生したら損切りする
  • 一定期間内に損益がプラスにならない場合は損切りする

損切りルールは、運用資金やリスク許容度に合わせて決めることが大切です。

資金管理を徹底するメリット

資金管理を徹底することで、以下のメリットがあります。

  • 損失を最小限に抑えられる
  • 運用資金を効率的に活用できる
  • 長期的な運用が可能になる

資金管理を徹底することで、FX自動売買で失敗するリスクを減らし、より大きな利益を狙うことができます。

定期的に運用状況を確認する

FX自動売買は、自分で売買をする必要がなく、24時間365日自動で取引を行うことができるため、ついつい運用状況を放置してしまいがちです。

しかし、FX自動売買は、相場の急変動によって損失が発生する可能性があるため、定期的に運用状況を確認することが大切です。

運用状況を確認する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 損益の推移
  • 取引の頻度
  • ポジションの状況

損益の推移を確認することで、運用の成果を把握することができます。

取引の頻度を確認することで、システムのパフォーマンスを評価することができます。

ポジションの状況を確認することで、損失のリスクを把握することができます。

また、運用状況を確認する際には、以下の点にも注意しましょう。

  • 相場の状況
  • システムの設定

相場の状況を確認することで、運用方針を変更する必要があるかどうかを判断することができます。

システムの設定を確認することで、システムの有効性を再確認することができます。

定期的に運用状況を確認することで、損失を抑え、利益を出す可能性を高めることができます。

具体的な確認方法

運用状況を確認する際には、以下の方法が考えられます。

  • FX業者のWebサイトやアプリで確認する
  • FX自動売買システムの提供元のWebサイトやアプリで確認する
  • 自分で運用状況を管理する

FX業者のWebサイトやアプリで確認する方法は、最も手軽に運用状況を確認することができます。

FX自動売買システムの提供元のWebサイトやアプリで確認する方法は、システムのパフォーマンスをより詳しく確認することができます。

自分で運用状況を管理する方法は、運用方針をより柔軟に変更することができます。

自分に合った方法で、定期的に運用状況を確認しましょう。

FX自動売買で成功するためのポイント

FXの基礎知識を身につける

こちらは上記で述べたことと同じになります。

FXの仕組み、為替変動要因、注文方法、リスク管理などをしっかりと勉強しましょう。

そのためにセミナーに通う、本やwebなどを利用して勉強するのも良いでしょう。

複数のFX自動売買システムを比較検討する

FX自動売買システムは、FX業者やシステム開発会社によってさまざまな種類が提供されています。

そのため、自分に合ったシステムを選ぶためには、複数のシステムを比較検討することが大切です。

FX自動売買システムを比較検討する際には、以下の点に注目しましょう。

  • 運用スタイル
  • 運用対象
  • バックテスト結果
  • 運用コスト

運用スタイル

FX自動売買システムには、さまざまな運用スタイルがあります。

例えば、デイトレード向けのシステム、スイングトレード向けのシステム、長期投資向けのシステムなどがあります。

自分に合った運用スタイルのシステムを選ぶことが大切です。

運用対象

FX自動売買システムは、さまざまな通貨ペアや銘柄を対象としています。

自分に興味のある通貨ペアや銘柄を対象としたシステムを選ぶと、運用に集中しやすくなります。

バックテスト結果

バックテストとは、過去の相場データに基づいて、FX自動売買システムのパフォーマンスを検証する方法です。

バックテスト結果を確認することで、システムの有効性を判断することができます。

運用コスト

FX自動売買システムには、システムの購入費用や、運用にかかるコスト(スプレッド、スワップポイントなど)がかかります。

運用コストを把握した上で、自分に合ったシステムを選ぶことが大切です。

当ブログおすすめ自動売買業者はこちらです↓

FXブロードネット

自動リピート注文トラッキングトレードが使えます!

アイネット証券

人気の自動売買システム『ループ・イフダン』が使える!

長期的な運用を心がける

FX自動売買は、短期的な利益を狙うよりも、長期的な運用で利益を積み重ねていくのが一般的です。

そのため、短期的な損失に動じずに、長期的な運用に耐えられることが大切です。

FX自動売買では、相場の急変動によって損失が発生する可能性があります。

そのため、短期的な運用では、損失を回復するために、リスクを大きく取る必要があるため、失敗する可能性が高くなります。

一方、長期的な運用では、相場の急変動による損失を相殺し、利益を積み重ねていくことができます。

そのため、リスクを抑えた運用が可能となり、成功する可能性が高くなります。

長期的な運用を心がけるメリット

長期的な運用を心がけることで、以下のメリットがあります。

  • 損失を抑えることができる
  • リスクを抑えた運用が可能となる
  • 利益を積み重ねていくことができる

長期的な運用を心がけることで、FX自動売買で成功する可能性が高くなります。

長期的な運用を実現するための方法

長期的な運用を実現するためには、以下の点に注意しましょう。

  • FXのリスクを理解する
  • 適切な運用方法を理解する
  • 運用資金を十分に用意する
  • ロスカットを設定しておく

FXのリスクを理解し、適切な運用方法を理解することで、長期的な運用を実現しやすくなります。

また、運用資金を十分に用意し、ロスカットを設定しておくことで、損失を抑えることができます。

まとめ

FX自動売買は、相場の急変動による損失が発生する可能性があるため、危険な投資手法であると考える人もいます。

しかし、FX自動売買は、FXの基礎知識を学び、適切な運用方法を理解し、長期的な運用を心がけることで、成功する可能性を高めることができます。

FX自動売買で成功するためには、以下の点に注意しましょう。

  • FXのリスクを理解する
  • 適切な運用方法を理解する
  • 運用資金を十分に用意する
  • 長期的な運用を心がける

これらの点に注意することで、FX自動売買で成功する可能性が高くなります。

FX自動売買で成功するためのポイント

  • FXのリスクを理解する

FX自動売買は、相場の急変動によって損失が発生する可能性があるため、FXのリスクを理解することが大切です。

FXのリスクを理解することで、適切なリスク管理を行うことができます。

  • 適切な運用方法を理解する

FX自動売買には、さまざまな運用方法があります。

自分に合った運用方法を理解することで、効率的に利益を上げることができます。

  • 運用資金を十分に用意する

FX自動売買では、相場の急変動によって損失が発生する可能性があるため、運用資金を十分に用意しておくことが大切です。

運用資金を十分に用意しておくことで、損失を抑えることができます。

  • 長期的な運用を心がける

FX自動売買は、短期的な利益を狙うよりも、長期的な運用で利益を積み重ねていくのが一般的です。

長期的な運用を心がけることで、リスクを抑えた運用が可能となり、成功する可能性が高くなります。

FX自動売買は、FXの基礎知識を学び、適切な運用方法を理解し、長期的な運用を心がけることで、成功する可能性を高めることができる投資手法です。

コメント