スポンサーリンク

トレンドラインをブレイクしたらどんな戦略を立てる?

トレンドラインをブレイクしたらどんな戦略を立てる?

上記のように赤で引いたトレンドラインをブレイクした後にどういった戦略を立てますか?

今回は代表的な例を取り上げて説明したいと思います。

下降パターン

下降パターン

まずは一番ありそうなそのまま下降していくパターンです。

トレンドラインで止められていたポイントを下にブレイクしたわけですから「売り」の圧力がかなり強くなったことを表わしています。

よって今後は売り目線で考えたい所です。

狙うポイントは一度戻り目を形成したポイントとなります。

上記の図で言うと赤丸辺りとなります。

トレンドラインをブレイクした後にそのまま急落する可能性は低く、一度調整のために上昇をする可能性が高いです。

上昇後にトレンドラインで止められて、再度下落というパターンになればもっとも良いエントリーポイントとなります。

このパターンが教科書通りの基本的なパターンとなると思います。

なお戻り目を形成せずにそのまま急落していった場合は、エントリーをせず見送った方が良いかと思います。

ずっと落ちていっているのに見ているだけというのはもったいない気がしますが、エントリーをするポイントがないのに無理にポジションを持つのはよくありません。

「落ちるナイフはつかむな!」という相場格言がありますので、気を付けましょう。

上昇パターン

上昇パターン

次に一度トレンドラインをブレイクしたのに、戻っていったパターンです。

この時に注目するのは赤丸の辺りです。

ここでトレンドラインに反発して上昇をしようとしている場合は「買い」を考えたほうが良いでしょう。

エントリーポイントとしては一度落ちてきて再度上がり出すポイント、つまり押し目を見極めてのエントリーが良いでしょう。

特にこのパターンの場合には一度トレンドラインをブレイクしているため、大半の人は「売り」をおこなっています。

それがトレンドラインの上に価格が戻ってしまったため、決済で損切りの「買い」が発生している可能性があります。

いわゆる「ダマシ!」と呼ばれるものです。

この場合、普通以上にさらに上昇していく可能性が高くなります。

よってこのように「ダマシ!」を利用するような手法もおすすめです。

「ダマシ!」を利用することに関しては過去に記事を書いています。

そちらも参考にしてください↓↓

FXの「ダマシ」を回避し、見極め、利用する手法

レンジに移行したパターン

レンジに移行したパターン

上記のようにトレンドラインを上下に行ったり来たりのパターンは、レンジに移行したかもしれません。

この場合にはトレンドラインがあまり意味をなさなくなりました。

その後には上下どちらの方向へいくのかわからないため、エントリーはしな方が良いです。

その後の動きが出るまで待った方が良いでしょう。

まとめ

トレンドラインをブレイクした後の戦略として考えられるのは3つです。

上昇パターン、下降パターン、レンジのパターンです。

上昇していくパターンと下降していくパターンは一度、押し目、戻り目を待ってのエントリーを心掛けましょう。

その際にトレンドラインからの反発でエントリーが出来れば勝率は良くなると思います。

レンジに移行した場合は、先の動きが全く読めないことからスルーするのが良いでしょう。

コメント