スポンサーリンク

今までとは違うFXのメンタル管理術

今までと違うFXのメンタル管理術

FXでトレードを行う際にメンタルコントロールは非常に大事な要素となってきます。

ただ一般的にメンタルは鍛えるものと解釈しているものも見られますが、FXにおいて修行僧のように頑張って鍛える必要はなく、うまくコントロールができれば良いと考えます。

今回は、いかに気持ちを楽にトレードに望めるかに焦点をしぼって解説していきたいと思います。

相場を予想しない

FXにおいて相場を予想してもだいたい外れます。これはみなさんも散々経験されたと思います。

上がるか下がるかの2択なのに、ほとんどが損切りに合ってしまうという経験はみなあるかと思います。

これの原因としていくつかあるでしょうが、その中の一つに「上がりそう」「下がりそう」という予想が入ることが考えられます。

FXは9割が負ける世界と言われています。自分が「上がりそう」「下がりそう」と思ったところが世の中の負ける9割の人も同じに考えているとしたら・・・

そういうポイントはねらわないようにすることが第一となります。つまり相場は予想しないことです。

大きな流れについて行くという考えの方が良いかと思います。

ファンダメンタル分析は無視する

ほぼ毎日いろいろな経済指標が発表されています。その中には大きく相場が動くものから、ほとんど動かない指標など様々です。

そして一般的には予想より結果が良いと相場は上昇、予想より結果が悪いと相場は下降するという流れになっています。

ですが、大半の経済指標は発表があってもほとんど動いていません。良く動くと言われている経済指標も良く動くときもあれば、動かない時も多々あります。

数ある経済指標一つ一つについてしっかりと中身を理解し、今度の発表の数値からその後の動きを予測するというのは一般の人では至難の業です。

為替のディーラーや経済のプロですらファンダメンタルを一生懸命分析していると思いますが、完全に当てるのは不可能となっています。

以前、経済の専門家が今後の相場の動きを予想し、当てるという雑誌の企画を見たことがありますが、1位となった人の的中確率約50%でした。

一般の人より経済に詳しい人たちの予想でも半分外しています。普通の人が経済指標から相場の動きを予想するのは相当な勉強が必要です。

よってファンダメンタルは無視して、気を楽にいけば良いのではないかという一つの意見です。

ニュースを無視する

経済のニュースに、政治、テロや災害などさまざまなニュースが日々流れ、その度に相場が変動している事実は実際にあると思います。

近い所では新型コロナウイルスが流行り出したころは、チャートの動きが凄かったのを覚えています。

ただいろいろなニュースに関しても、一般的にはその国に有利なニュースが流れたら買われるため通貨高となり、不利なニュースが流れると通貨安になるといえます。

ですが、実際のところ簡単にはいかず、FXトレードで勝てるのかと言われると難しいものです。

それに一般の人にニュースが広まった時点で勝ち組の人はすでに反対売買を検討し始めています。

それを知らない一般の人が、ニュースを見てから遅れての動きのため負け組になってしまっています。

ニュース内容を分析して今後の動きを予想するのも、かなり難しいことです。よってこれも無視するという選択肢も検討する必要があるかもしれません。

テクニカル分析1本で勝負!

では今までのことを踏まえてどうすれば良いのかというと、テクニカル分析1本で勝負しましょうということです。

インジケーター、水平線、トレンドライン等々を駆使し、日々トレード記録を付け続けていれば、おのずと自分の勝てているポイント、負けているポイントが分かってきます。

負けているポイントはなぜ負けたのかを振り返り、勝てているポイントのみ、ねらうようにするのです。

ダウ理論の中に「平均はすべての事象を織り込む」というものがあります。これは経済指標、ニュースなどあらゆることはチャートに表現されていると解釈できます。

つまりテクニカル分析1本で勝負していれば、とくに経済指標やニュースについて分析をしていなくても問題はないということになります。

多くの知識を詰め込みすぎて判断に迷わないようにするために、テクニカル分析1本で勝負し、シンプルに考えるようにしてみると良いかもしれません。

まとめ

いかに気持ちを楽にトレードを行うか、上記のことを実行することによりメンタル管理が少しでも楽になってくれることを期待します。

相場を予想しない、ファンダメンタルを気にしない、ニュースも気にしないということでテクニカル分析のみで勝負するというのも一つの方法ではないかというお話でした。

コメント