FXでは勝率と利益額どちらを重視するのが良いか?

FXでは勝率と利益額どちらを重視するのが良いか?

FXで永遠の課題である勝率が高い方が良いのか、勝率が低くても利益が大きく取れていれば良いのかという問題に対しての解説です。

もちろん一番良いのは、勝率が高く利益幅も大きいというのが良いのは当然のことです。

ただ実際に勝率と利益幅両方を充実させるのは難しいため、どちらかを優先させざるを得ません。

このブログはFX初心者向けに書いているブログのため、結論としては勝率重視の方が良いのではないかと考えます。

では勝率重視した場合、利益幅を重視した場合のメリットとデメリットを検証したいと思います。

スポンサーリンク

勝率を重視した場合

メリット

☆ 精神的に安定します・・・

負ける回数より勝った回数が多い方が、精神的に安心で落ち着いた気持ちでトレードができます。

この落ち着いた気持ちというのは、次のトレードのエントリーにも影響してくる可能性がありますので勝率は重要な要素だと思います。

☆ 資金が増えていく可能性が高い

リスクリワードも関係がしてきますが、損失を小さく抑えるということが徹底できれば勝率が高いと少しずつでも資金は増えていくと思います。

少しずつでも資金を増やすことができるようになれば、レバレッジを上げて大きく稼ぐこともできるようになると思います。

デメリット

☆ チキン食いの可能性が出てくる

あまりに勝率のみを重視してしまうと、少しの利益が出ただけで早く確定させたい気持ちとなり、本来なら大きく取れたかも利益を逃してしまうことになります。

☆ 塩漬けをしてしまう可能性が高くなる?

勝率をあまりに重視してしまうと、資金がマイナスになった時に損切りを無視し、少しでもプラスになるまでポジションを持ち続けてしまう可能性も出てきます。

スポンサーリンク

利益幅を重視した場合

メリット

☆ 精神的に安定します・・・

回数は少なくなるとは思いますが、勝った時の利益幅が大きい場合に利益分が減少するまでは精神的な安定が得られると思います。

☆ 勝った時は自信につながる

一度に獲得した利益が大きいため自分の考え、予測などが正しかったと判断し、次回以降のトレードを行う際の自信につながると思います。

デメリット

☆ 勝率が下がる可能性が高い

1回の値幅を大きく取ろうとすると、きれいで長期的なトレンドに乗らないといけません。

FXでトレンドが出るタイミングは全体の3割程といわれています。

よって自分でトレンドが出たと判断をしても実はトレンド相場でなかったということが多々あり、勝率はかなり悪くなる傾向にあります。

☆ 精神的にきつい

先ほど説明したように利益幅を大きくしようと考えると、勝率はかなり低くなる傾向にあります。

勝率が低いと精神的にかなりきついです。

また負けた、また負けたの繰り返しとなります。

☆ 自分のトレード手法、ルールに疑問を持ちいろいろなことに手を出してしまう可能性

負けが多くなるということは、自分のやり方が良くないのではないかと考え、常に良い方法を探し、永久に自分のスタイルが身につかなくなる可能性があります。

スポンサーリンク

勝率、利益幅どちらを優先するか?

最初の方でも述べましたが、このブログはFX初心者向けとなっております。

初心者にはどちらが良いかというと、勝率が高い方が良いと思います。

まずなによりも精神的な安定につながる点が大きいです。

利益幅重視ですと勝った時は精神的に安定しますが、勝つ回数は少ないため大半が落ち込んでいる状態となっているかと思います。

トータルでプラスの利益となっていれば、どちらでも問題はないとは思いますが精神的な安定は勝った回数が多い方が得られるかと思います。

そして勝ちの回数が増えてきて分析をしてみると、だいたい自分のトレードパターンが分かってくると思います。

そのトレードパターンにさらに磨きをかけ、突き詰めるという作業が大事になってくると思いますが、利益幅を重視するやり方をすると、たまにしか勝たないために自分がどういうスタイルでトレードを行えば良いか、なかなかわからないということになります。

よって最初の内は勝率重視で考えればよいかと思います。

一例ですが勝ち7、負け3のペースでいければリスクリワード1:0.5という非常に悪い数値でも資金はプラスになります。

勝率も高く、資金もプラスになるということで、まずは勝率を気にしてトレードを行う方が良いのではないかという結論です。

コメント