スポンサーリンク

為替の変動要因まとめ

為替の変動要因まとめ

円高・円安など為替が変動するのは様々な要因があります。

トレードを行うにあたって、どういったものがあるのか知っておく必要があるでしょう。

テクニカル分析1つで勝負!という方もいるかもしれませんが、ファンダメンタル分析も勉強しておいて損はありません。

今回は為替が変動する要因についてまとめてみたいと思います。

政治的な要因

要人発言

圧倒的に影響力があるのが、アメリカの要人になります。

具体的にはFRB議長、財務長官です。

それ以外の人でも通貨や金融に対して意見を述べた場合は、為替相場に影響があることがあります。

日本の場合は日本銀行の総裁発言が影響あります。

政局

上昇要因

政局が安定している場合は経済に好影響を与えるため上昇要因となります。

政権が変わることにより通貨政策が変わる場合は、変動の可能性があるため注意が必要です。

上昇要因となる場合もあります。

下降要因

政局が不安定な場合は経済に悪影響を与えるため下降要因となります。

こちらも政権が変わることにより通貨政策が変わる場合は、変動の可能性があるため注意が必要です。

下降要因となる場合もあります。

金利

上昇要因

金利が高くなると通貨高の要因となります。

みんなが高い金利の通貨を買う傾向にあるからです。

ただ高すぎとなりますと、インフレの懸念や通貨の信頼度が落ちる可能性があります。

下降要因

低金利ですと通貨安の要因となります。

FXの場合は低金利の通貨を買うとスワップポイントがマイナスになることがあります。

長期でトレードを考えている場合は為替変動幅が小さくても、スワップポイントで資金が減っていくことになるので注意が必要です。

経済的な要因

貿易収支

上昇要因

黒字ですと、その国の景気が良いということから通貨が買われる傾向にあります。

つまり通貨高の要因となります。

下降要因

赤字ですと、景気が良くないかも?と思われることから通貨安の要因となります。

財政収支

上昇要因

財政が黒字の場合、景気が良いと思われることから通貨高の要因となります。

下降要因

財政が赤字の場合、景気が悪いと思われることから通貨安の要因となります。

GDPの増減

上昇要因

GDPの数値が良い場合は、景気が良いと考えられることから通貨高の要因となります。

下降要因

GDPの数値が悪い場合は、景気が悪いと考えられることから通貨安の要因となります。

雇用状況(失業率)

上昇要因

米国の雇用統計が現在の所、もっとも為替に影響を与える指標となっております。

よって米国の雇用状況には注意が必要です。

雇用が増え、失業率が低下すれば景気が良いということから通貨高の要因となります。

下降要因

雇用が減り、失業率が上がると景気が悪化したということから通安の要因となります。

株価

上昇要因

株高になりますと、景気が良いという考えで資金流入を招くことから通貨高の要因となります。

下降要因

株安となりますと、景気が悪化しているという考えるため資金流出を招きます。

よって通貨安の要因となります。

景気

上昇要因

景気が良くなると、その国の通貨は買われる傾向にあります。

よって通貨高の要因となります。

下降要因

景気が悪化してくると、その国の通貨は売られる傾向にあります。

よって通貨安の要因となります。

原油価格

上昇要因

原油価格が下落すると景気を良くする傾向にあります。

ただ原油価格の上下のみで通貨高、通貨安などの動きを見せることは少なくなってきました。

下降要因

原油価格の上昇は景気を悪くする傾向にあります。

その他の要因

中国経済

上昇要因

通貨を切り上げた場合は、日本円にとっては通貨高要因となります。

下降要因

通貨を切り下げた場合は、日本円にとっては通貨安要因となります。

テクニカル要因

プロ、アマを含め世界中の人々がFXトレードを行っています。

チャートの節目付近ではチャートのみからの判断で売買が繰り返されることもあり通貨高、通貨安と変動する場合があります。

紛争など

上昇要因

自分の資産を守るために、紛争とは関係のない国の通貨が上昇することがあります。

下降要因

紛争に関わっている国や、その周辺国の通貨は売られる傾向にあります。

まとめ

様々な要因で通貨は上下を繰り返すのですが、基本的には景気が良くなることでその通貨が買われる。

悪くなると売られるという傾向にあるようです。

以上のことを参考にご自身のトレードに活かしてみてください!

コメント