スポンサーリンク

USDCHF(20/10/19~23)チャート分析

USDCHF(20/10/19~23)エントリーポイント検証

2020/10/19~23の1週間ですが、USDCHFのトレードは行っていません。

後からチャートを見ての判断とはなりますが、2020/10/19~23の期間でエントリーできるポイントがあったかどうか、チャートを分析してみたいと思います。

スポンサーリンク

日足分析

日足

USDCHFの日足です。赤の縦線より右側が今回の検証対象期間(2020/10/19~23)となります。

ここをなかったものとして相場環境の分析を行い、水平線やチャートパターン等を使いエントリーポイントを見つけてみたいと思います。

まず日足の相場環境ですが、きれいに下降トレンドを形成しているように見えます。

そして直近にトレンドラインを引きましたが、下降フラッグを形成したように見えるため下目線で考えて良さそうです。

今回の検証対象期間(2020/10/19~23)の少し前の期間に下降フラッグを下抜けしたため、水平線と移動平均線を見てきれいに反応した戻り目を探してみます。

ですが、その前に4時間足でも相場環境を分析してみたいと思います。

スポンサーリンク

4時間足分析

4時間足

USDCHFの4時間足です。4時間足は日足で確認した下降フラッグを下抜けし、少し下降した後に上昇して検証対象期間(2020/10/19~23)に突入したことが分かります。

よって主要な節目を基準にピンクの水平線を引いてみました。

日足、4時間足とも下目線で良いと思われるため短期足で「売り」場を探してみたいと思います。

スポンサーリンク

1時間足分析

1時間足

USDCHFの1時間足です。もっと短い時間足でもエントリーポイントはありそうですが、今回は1例として1時間足でのエントリーポイントを紹介します。

先ほどの4時間足で引いた水平線の内、一番上のピンクラインを下回り戻り目を形成したポイントの赤丸辺りで「売り」エントリーできそうです。

ターゲットは直近安値の上から2番目のピンクラインになるかと思いますが、リスクリワードを考えるともう一つ下のピンクラインまでねらいたい所です。

今回は上から2つめのピンクラインまで到達していますが、毎回次の節目まで到達するかは分かりません。

よってトレーディングストップ、4時間足のボリンジャーバンドにタッチするくらいまでねらうなどを検討する必要があります。

ただ今回の場合、戻り目をねらう際に青丸で示したように上ヒゲが出ていますので、損切り位置にもよるのですが、このヒゲで駆られる心配があります。

特に多いパターンが一度ヒゲで一般大衆のポジションに損切りを食らわせておいて、その後に思惑の方向へ進む(今回の場合は下)ことが良くあります。

これを防ぐにはなかなか難しいため一度記事にまとめたいとは思うのですが、時間がかかるためなかなか難しい状況です。

一般的には駆られた場合、再度入りなおすか、損切り幅を少し広くすることが考えられます。

そして今回、赤丸辺りでエントリーすると直近安値までの距離が短く、リスクリワードを気にする場合は直近安値を下抜けした、ピンク丸辺りでエントリーする方法もあります。

もちろんこの場合もヒゲで駆られる可能性もありますが、戻り目でエントリーか、直近安値ブレイクでエントリーをしないことにはエントリーポイントを見つけることは難しいかと思います。

そしてもう一つのポイントは茶色丸で示した逆張りのポイントです。ここは水平線とボリンジャーバンドにタッチ+長い上ヒゲということで逆張りが出来そうなポイントです。

いくつかエントリーポイントを探してみましたが、どれもうまくいかないこともありますので、その場合はしっかりと損切りをするようにしましょう。

以上、USDCHF(20/10/19~23)チャート分析でした。

コメント