米国 9月 ISM非製造業景況指数(20/10/05発表)チャート記録

米国 9月 ISM非製造業景況指数(20/10/06発表)チャート記録

2020/10/05の23:00に米国 9月 ISM非製造業景況指数の発表が行われました。

予想と結果そしてその時のチャートを掲載し、エントリーポイントがなかったかどうかを検討したいと思います。

米国 9月 ISM非製造業景況指数

予想 56.3

結果 57.8

USDJPY1分足

USDJPY1分足

USDJPY5分足

USDJPY5分足

EURUSD1分足

EURUSD1分足

EURUSD5分足

EURUSD5分足

次回は2020/11/05に発表予定となっております。

エントリーポイントの検討

今回の米国 9月 ISM非製造業景況指数の発表の動きで、エントリーできるポイントはなかったどうかを検討してみたいと思います。

なおチャートを後から見ての検討になります。そして他にもエントリーポイントはあるかもしれません。

ドル円1時間足

ドル円の1時間足です。矢印で示したローソク足が今回の指標発表のローソク足です。そして赤の水平線は長期足の節目を基準に引いた水平線となります。

この水平線とボリンジャーバンド、移動平均線などを駆使してエントリーポイントを探すとピンク丸のポイントで「買い」ができそうです。

根拠として青丸で示したポイントですが、水平線と移動平均線にきれいにローソク足が乗っているように見えます。

これを根拠に少しの間、上昇すると考えると指標発表後に一度押し目を形成したピンク丸でエントリーができるかもしれません。

他にはドル円は1分足、5分足が指標発表時、陽線で確定しています。よってこの動きの第2波をねらう方法もあったかもしれません。

指標発表時の動きの第2波で利益を上げるパターンは他の記事にしてありますので、そちらもご覧ください。

ユーロドル30分足

ユーロドルの30分足です。赤の水平線は長期足の節目を基準に引いた水平線となります。赤の矢印が指標発表の時のローソク足となります。

これを上抜けして、一度押し目を形成したピンク丸ポイントでエントリーできそうです。

ボリンジャーバンドにタッチで利益確定とすると少ししか利益がありませんが、ここくらいしか見つかりませんでした。

以上、米国 9月 ISM非製造業景況指数の指標発表のチャート記録とエントリーポイントの検討でした。

コメント