(日) 7-9月期 日銀短観(20/10/1発表)チャート記録

(日) 7-9月期 日銀短観(20/10/1発表)チャート記録

2020/10/1(木曜日)8:50に7-9月期 日銀短観が発表されました。

予想と結果、そして指標発表時のチャートの掲載、およびエントリーポイントの検証をしてみたいと思います。

7-9月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

予想 -23

結果 -27

7-9月期 日銀短観・四半期大企業製造業先行き

予想 -17

結果 -17

7-9月期 日銀短観・四半期大企業非製造業業況判断

予想 -9

結果 -12

7-9月期 日銀短観・四半期大企業非製造業先行き

予想 -9

結果 -11

7-9月期 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資

予想 1.3%

結果 1.4%

USDJPY1分足

USDJPY1分足

USDJPY5分足

次回は2020/12中旬の発表予定となっております。

エントリーポイントの検証

今回の指標発表では大した動きがなくエントリーポイントは見つかりませんでした。よって少し時間が後になってでもエントリーポイントを探してみたいと思います。

ドル円1時間足

ドル円の1時間足です。赤矢印で示した陽線が指標発表時のローソク足となります。ほとんど動きがないためエントリーするのは難しそうです。

その後にエントリーできるポイントはないか探った所、青丸で大きな下落をしています。この動きを利用すればエントリーできそうです。

ドル円1分足

ドル円の1分足です。ドル円の1時間足で示した青丸部分を1分足で表示しました。この下落途中に戻り目を形成しましたので赤丸辺りでエントリーができそうです。

その他の時間足ではきれいな戻り目は形成していなかったため「売り」エントリーするのは難しかったと思います。

この下落の原因としてはっきりとはわかりませんが、この時間に日本の指標(9月 消費者態度指数・一般世帯)というものが発表されています。

予想 30.5

結果 32.7

と予想より結果が良かったため円高に動いたのだと思われますが、この指標は普段あまり重視されていない指標となっています。

よって他の要因があったのかもしれませんが、よくわかりません。

とりあえずなんらかの要因で大きく動きましたので、スキャルピングを使いエントリーはできそうなポイントでした。

以上、(日) 7-9月期 日銀短観(20/10/1発表)チャート記録とエントリーポイントの検証でした。

コメント