リスクを分散する方法

リスクを分散する方法

投資にはリスクがつきものです。ですが、そのリスクは少しでも減らしたいもの。

どうすれば少しでもリスクを減らすことが出来るか考えていきたいと思います。

資金の分散

リスクを軽減する方法の内、一番の基本は資金を分散させることだと思います。

どこか1カ所に集中して投資をした場合は、投資対象の1つの値動きの上下によって自分の資金が上下をします。

儲かった場合は良いのですが、思惑と反対に動いた場合に、そのまま損失として自分に返ってきます。

よって資金を分散して投資をし、1つが思惑通りにいかなかったとしても、別の投資先が思惑通りにいっていることもあり、総合すると資金のマイナスを防ぐことが出来る可能性があります。

ただこの場合に、同じような動きをする投資先に複数の分散投資をしても効果は発揮されない可能性があります。

やはり値動きの異なる複数個所に投資をすることによって分散投資の効果が発揮されることが期待できます。

デメリットとしては資金が少ない場合に分散で投資をした場合は、ほとんど資金が増えていかないことが考えられます。

ただ資金が少ない場合に集中投資をして増えたとしても、それは運が良かっただけかもしれないということを考えると、将来的に大きく増やしたいと考えた時に博打のようなことをしてしまう可能性があります。

資金は都合よく急激に増えていくことはないという認識の元、資金は増やすことは大事ですが減らさないということを第一に考えてリスク管理をしていきたいものです。

時間の分散

時間の分散というのは例えば何かの投資先の商品を買う場合に、1回で全額を投入して買うのではなく、数回に分けて購入をするということです。

1回で購入をしてしまうと高値で買ってしまったり、底値で売ってしまったりということが考えられます。

これを防ぐために資金を分散した後に複数回に分けて時間をずらして購入することにより、1つで高値掴みがあったとしても、別の件で利益が出ていることも考えられます。

底値で買うことが出来て、高値で売ることが出来れば一番良いのですが、それはなかなか難しいものです。

よって時間単位でも投資を複数回に分けることをおすすめします。

短期より長期で投資を!

どの相場でも短期的な動きを見極めるのは非常に難しいものです。

それに短期ですと、一時的な相場の上下の動きに振り回され大きく損失を出すことも予想されます。

ですが、長期的な目線で考えると、これらの変動リスクは小さくなると考えられること、さらに長期的な動きの方がテクニカル分析をやりやすい傾向にありますので、短期的に勝てない場合は長期での運用を検討してみても良いかもしれません。

まとめ

まずは基本の「資金の分散」です。資金を分散させることにより損失を回避できる可能性が高まります。

次に「時間の分散」です。資金を分散させ複数回に分けて投資をすることにより、1回の損失をカバーできる可能性が出てきます。

最後に「長期での投資」です。短期での相場の動きを予想するのはなかなか難しいです。よって長期的な目線で考えていくほうがうまくいく可能性は高いと思います。

コメント