為替レートを動かす要因である政策金利について

政策金利とは・・・?

FXの為替レートは、さまざまな要因によって常に上下しています。それら要因の中で最も影響力が強いとされるのは、政策金利です。

政策金利はマクロレベルにおいて、FX取引に最も影響力があるとされます。

各国の中央銀行が管理する政策金利一つで為替レートは大きく変動し、FX取引にも影響します。

基本的に中央銀行が政策金利を引き上げるときは、実体経済は成長し楽観的な見通しです。経済の将来に希望が見えるため、金融の引き締めができます。

反対に政策金利を中央銀行が引き下げるときには、景気は後退局面に入る見通しです。経済の見通しも悲観的な状況となり、為替レートも敏感に反応します。

中央銀行の見通しだけで経済が決まるわけではありませんが、基本的にトレーダーはこのような考えをもとにFXの取引を行っています。

中央銀行が決定する政策金利を意識してトレーダーがポジションを取ると、マーケットは大荒れになる可能性があります。

なぜなら利上げを期待するときには発表前に通貨を買い占め、反対に利下げを希望するときには売り始めてしまうからです。

トレーダーの期待通りの発表なら、マーケットはそこまで荒れません。

しかし期待に反した発表内容だと事前の予測とは大きく外れたためポジションの決済が行われてしまい、相場が混乱しかねません。

よって、各国の中央銀行は政策金利の情報管理を徹底するようになりました。

中央銀行が情報管理を徹底し慎重に発表するほど、為替レートに大きな影響を与える要因となっています。

コメント