ニュージーランド準備銀行 政策金利(20/11/11発表)チャート記録

ニュージーランド準備銀行 政策金利(20/11/11発表)チャート記録

2020/11/11 10:00に(NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利が発表されました。

結果とその時のチャートを掲載し、指標発表時の動きでエントリーできるポイントがなかったどうか分析してみます。

ニュージーランド準備銀行 政策金利の予想と結果

前回 0.25%

予想 0.25%

結果 0.25%

NZDJPY1分足

NZDJPY1分足

NZDJPY5分足

NZDJPY5分足

NZDUSD1分足

NZDUSD1分足

NZDUSD5分足

NZDUSD5分足

今回、NZDJPYとNZDUSDのチャートが非常に似ています。違いを探すのが難しいですが、よく見ると少し違います。

エントリーポイントの分析

エントリーポイントの分析 NZDUSD1分足

NZDUSD1分足です。今回の指標発表直後の動きでは、この通貨ペアでエントリーできそうなポイントがありましたので紹介します。

ちなみに自分は普段のトレードでは1分足は使いません。指標発表時の動きについて行くときだけは利用することがあります。

まず赤の縦線は今回の指標発表時のローソク足となります。水平線は長期足の節目を基準に引いたものとなります。

現在の状況として、指標発表後に一旦下がったものの、その後に上昇をし一度ボリンジャーバンドにタッチをしました。

その後に下落をしたのですが、赤丸の所できれいに移動平均線に反応していることが確認できます。ここでエントリーするのは難しいと思いますので、この次の押し目をねらいたい所です。

となりますと、青丸の所できれいな押し目を形成しましたのでエントリーが出来たかと思います。

ただこのポイントは長期足の節目など全く無視の指標発表後の動きのみでのエントリーです。よって根拠が少なく心配な場合は、水平線突破後の黄色丸でのエントリーが良いかと思います。

ここは長期足の節目を基準に引いた水平線を突破し、きれいな押し目を形成、および水平線にもきれいに反応しているようにも見えます。

他にもエントリーポイントはあるかもしれませんが、この辺にしたいと思います。

以上、ニュージーランド準備銀行 政策金利(20/11/11発表)チャート記録とエントリーポイントの分析でした。

コメント