(米) 9月 新築住宅販売件数(20/10/26発表)チャート記録

(米) 9月 新築住宅販売件数(20/10/26発表)チャート記録

2020/10/26(火曜日)23:00に(米) 9月 新築住宅販売件数が発表されました。結果と、その時のチャートおよびエントリーできるポイントがあったか分析してみたいと思います。

(米) 9月 新築住宅販売件数 結果

(米) 9月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

予想 102.5万件

結果 95.9万件

(米) 9月 新築住宅販売件数 [前月比]

予想 1.3%

結果 -3.5%

USDJPY1分足

USDJPY1分足

USDJPY5分足

USDJPY5分足

EURUSD1分足

EURUSD1分足

EURUSD5分足

EURUSD5分足

エントリーポイントの分析

今回の指標発表のローソク足自体はほとんど動きがなく、この動きを利用してエントリーするのは無理な気がしました。

よって指標発表直後くらいの動きで、エントリーポイントを探してみたいと思います。

ドル円4時間足

ドル円の4時間足です。赤の矢印のローソク足が今回の指標発表のローソク足となります。

この4時間足のチャートを見てみますと青丸の所ですが、2か所がほぼ同じところで止められていることが分かります。

よってここに水平線を引いてみました。そして注目するポイントはピンク丸の所です。水平線を下抜けした後に少しずつ上昇をし始めました。

そしてこのピンク丸の辺りで止められ下に動く気配を見せれば、サポレジ転換ポイントと判断して「売り」ができそうです。

この4時間足でエントリーもできそうですが、もう少し短い時間足でも探してみます。

ドル円1時間足

ドル円の1時間足です。ピンク丸の所が先ほどの4時間足のピンク丸と同じところになります。

この1時間足で水平線にタッチ+ボリンジャーバンドにもタッチしていることから、陰線1本確定くらいで「売り」エントリーできそうです。

ですが逆張りになりますので、反転を予想してのエントリーとなります。

よってこのエントリー方法に躊躇がある場合は、一度戻り目を待って赤丸辺りのエントリーが良いかと思います。

もしくはもっと短い時間足を利用する方法もあるかと思います。

以上、(米) 9月 新築住宅販売件数(20/10/26発表)チャート記録とエントリーポイントの分析でした。

コメント