外国為替の意味って?

外国為替の意味とは?

外国為替取引を利用した投資には様々なものがあり、昔に比べて注目を集めることになったFX(外国為替証拠金取引)が代表的なものだと思います。

このFX以外でも外貨預金、外貨建てMMF、その他たくさんの種類があり外国為替取引を利用した投資はどんどんと人気が高まってきているように思えます。

それではこの「外国為替」とはどういう意味なのか?ここでは解説してみたいと思います。

日本の通貨は円です。アメリカはドルです。ヨーロッパではユーロというように国によって使われている通貨はいろいろです。

海外に旅行に行って日本の円で買い物ができるのかというとできません。

その国の通貨に両替をしないといけません。旅行から帰ってきたら外国の通貨を今度は円に換えないといけません。

以上説明したように二つの異なる通貨を交換することを「外国為替取引」といいます。

そして旅行以外にも大事なことがあり、会社が海外で物を売ったり買ったりする場合も日本の通貨「円」をその国の通貨に換えたり、個人で外貨での預金をおこなったりと様々な理由で通貨の交換は行われます。

様々な理由で常に通貨の交換はおこなわれているため、外国為替市場は常に開いていないと困ってしまいます。

よって外国為替市場は基本的に土日を除き24時間常に取引ができるようになっています。

コメント