扇形トレンドラインを利用して相場を読み取る方法

扇形トレンドラインを利用した手法

トレンドラインは引き方、本数、角度などによって、その後のチャートの分析方法にかなりの影響が出てくるものだと思います。

今回はトレンドラインを3本引く「扇形トレンドライン」を利用してトレードに活かせないか検討していきたいと思います。

ちなみにトレンドライン1本を利用した手法についても別記事で紹介しています。

そちらもあわせてご覧ください。→FXでトレンドラインを利用した手法

扇形トレンドラインとは

扇形トレンドラインとは

扇形トレンドラインとは上記のように、3本のラインを引くことをいいます。

上記のトレンドラインでは上昇トレンドの時に引いていますが、下降トレンドにも使うことができ、考え方は逆になります。

この引くときの基準として特定の高値、安値にトレンドラインを引くのですが、1本目のトレンドラインを引くときは上昇トレンドの定義である高値、安値を共に切り上げているローソク足を基準に引きます。

2本目のトレンドラインは高値、安値を共に切り上げているというローソク足を基準にする必要は特になく目立った安値につければ良いと思います。

そして3本目のトレンドラインは、1本目と2本目のトレンドラインの間の角度とだいたい同じになる+目立つ安値に引くようにするのがよいでしょう。

扇形トレンドラインをどう使うか?

ではこの扇形トレンドラインをトレードにどのように利用するかといいますと、注目は3本目のトレンドラインとなります。

この3本目のトレンドラインを割るとその後、トレンドが終了、もしくは転換する可能性が高くなります。

よってこの性質を利用します。

これはファン理論とも呼ばれているもので、意味は同じで3本のトレンドラインを引き、3本目を割ると相場が転換する可能性、トレンドの終了となる可能性を示す理論です。

普通は1本トレンドラインを引き、そのトレンドラインを割ったら相場が転換すると思っていたら転換せず「ダマシ」だったという経験の多い方、今回ご紹介した理論を覚えておくと良いかと思います。

なぜ3本なのか?

それではなぜトレンドラインを3本割るとトレンドの終了、もしくは転換になる可能性が高いのかについてです。

相場はトレンドが続いている場合によくあるパターンが、ゆるやかに上昇していく→激しく上昇していく→最後の急騰と、この3つの流れでトレンドが形成されていくことが多いです。

ということで、ゆるやかに上昇していく所で1本目のトレンドラインを引く。

その上昇を見て一般の投資家が買いを行い、激しく上昇していく所で2本目のトレンドラインを引く。

そしてその上昇を見て遅れてきた最後の参加者が買いを行う所で3本目のトレンドラインを引く。

その後はもう買う人がいないため、ここでトレンドは終わる、もしくは転換というパターンになります。それがトレンドライン3本の理由となります。

チャートを使っての解説

上昇トレンドからの転換

上昇トレンドからの転換

まず上図左下のローソク足から1本目は青丸を基準にトレンドラインを引いています。次に2本目は目立つ安値、ピンク丸を基準にトレンドラインを引いています。

そして1本目と2本目の角度が同じになるように3本目を引きたいのですが、そのあたりで目立つ安値としてオレンジ丸を基準にトレンドラインを引いてみました。

この図でも3本目をローソク足が割ったら下降トレンドに移行しています。

上昇トレンドからの転換で他の根拠も組み合わせて考えた場合

そして今回の場合、トレンドラインとダブルトップ、戻り安値に引いたネックラインを軸にピンク丸の戻り目で売りを行えば利益が取れそうですね。

このようにトレンドラインのみより他の根拠も合わせて考えていくと勝率は上がっていくかと思います。最後に下降トレンドのパターンも見ておきましょう。

下降トレンドからの転換

下降トレンドからの転換

やり方は上昇トレンドからの転換と逆に下だけです。こちらも3本のラインを割った後、上昇に転じています。

左から2本目と3本目の間のローソク足は、左から1本目と2本目の間のローソク足の安値を切り下げていないことも大事な要素です。

まとめ

トレンドの形成後3本のトレンドラインを利用し、3本目を割ったらトレンドの終了、もしくは転換の可能性が高くなる。

トレンドラインのみの使用ではなく、その他の根拠も合わせてチャート分析を行う方が良い。

そして当然ながら想定と異なれば、きちんと損切りをすることが大事です。

コメント