MACDダイバージェンスでエントリーしてみた!/トレード記録

EURUSD(20/08/11)ダイバージェンスでエントリーしてみた!

2020/08/11にユーロドルのトレードを行いました。タイトル通りMACDのダイバージェンスでのエントリーです。

ちなみに今回は5分足のみの使用でトレードをしております。

今後、回数を増やし水平線やトレンドライン、相場環境の認識、他の時間足なども織り交ぜながらくわしく分析しつつダイバージェンスの検証をしていきたいと思います。

EURUSD(20/08/11)5分足

ユーロドルの5分足です。青丸の所でローソク足は上昇をしていますが、ピンク丸のMACDの表示で下降をしているような逆行現象をダイバージェンスといいます。

このダイバージェンスという現象が起きると、相場が反転する可能性が高くなると言われています。

よってダイバージェンスが確認できたため、左の赤印のローソク足の辺りで「売り」エントリーを行いました。ですが一度戻ってしまったため損切り。

その後さらに下がり出したため、右の赤印のローソク足辺りで再度「売り」エントリーを行いました。

利食いはMACDの反転サインの出た黄色丸辺りのローソク足で決裁しました。

トレード結果

再度トレード結果です。1回目は約-6pips、2回目が約+13pipsとなり合計で約+7pipsくらいです。

本当は1分足で検証をしようかと思ったのですが、ダイバージェンスがなかなか出てこず、5分足に変えた所ダイバージェンスのサインが出たため5分足でのエントリーとなりました。

大きな時間足の相場環境の分析をしていないため、今回のようなやり方を繰り返すのはおすすめはできません。

ダイバージェンスのみに頼るのではなく、その他の根拠と組み合わせてエントリーをするのが良いかと思います。

以上、ユーロドル(2020/08/11)MACDのダイバージェンスを利用したトレード記録でした。

コメント