スポンサーリンク

相場環境の認識について勉強しよう(基礎編)

相場環境の認識について勉強しよう(基礎編)

FXを行うにあたって、ローソク足が上昇したから「買い」下降したから「売り」。

もしくは移動平均線が上向いたから「買い」下向いたから「売り」ということをやっていると勝ち続けることは難しいかと思います。

その場のちょっとした動きに振り回されて「買い」「売り」どちらを行っても勝てずに「また逆行した」ということになりかねません。

よって大事なことは今の相場環境をしっかりと認識することとなります。つまり長期足(特に自分は日足を重視しています)の動きを見極めることが重要です。

今回は基礎編ということで簡単な相場環境の認識について勉強してみましょう。

スポンサーリンク

上昇トレンドの場合

上昇トレンド

一例としてユーロドルの日足の一部を用意しました。上記のチャートは一目見て上昇トレンドを形成していると言って良いかと思います。

高値、安値を同時に切り上げておりダウ理論で言う所の上昇トレンドと言って良いでしょう。

日足でこのような状況の場合は「買い」目線で考え、買いのエントリーポイントを探すのが良いかと思います。

もちろん上昇トレンドを形成していると言っても相場は波打って進むため、一時的に下がる時はあります。

スキャルピングを行う人は、その少しだけ下がるポイントをねらって上記のような相場環境でも「売り」を行う方もいらっしゃいます。

ただFX初心者にとって、相場の大きな流れと逆のエントリーを行うことは少し難しいかと思います。やはり勝ちやすいのは大きな流れについて行くやりかたです。

ただ自分も昔は上記のチャートのような相場環境で「買い」を行っていたのに勝てない時がありました。

これはエントリータイミングが悪いとか、少しの逆行でビビッてしまいすぐに損切りを行ったりすることに原因がありました。

これに関しては短期足でエントリーをしたくはなりますが、例えば1時間足や4時間足などの長い時間足を使い数日持つスタイル(デイトレード~スイングトレード)くらいが良いかと思います。

スポンサーリンク

下降トレンドの場合

下降トレンド

次にユーロドルの日足、下降トレンドの一部のチャートです。こちらもきれいな下降トレンドを形成しています。

この場合は先ほどと逆で「売り」を考えていきたい所です。特に下降は勢いが強い傾向にあります。

「落ちるナイフはつかむな」という相場格言がありますように、こういう状況で「買い」を行うとすぐに損切りを食らわされる可能性があります。

よってこちらも大きな流れについて行くという考えの元、「売り」目線で考えていきましょう。

スポンサーリンク

レンジの場合

レンジ相場

最後にユーロドル日足のレンジ相場のチャートです。上記のチャートは行ったり来たりで方向感がないですね。

長期足でこういう状況の時は、エントリーをしてもどちらにいくか全くわかりません。この場合、大きな流れについていくやり方をする人はエントリーをしない方が良いかもしれません。

特にレンジ幅が大きい場合、エントリーをしても上下の動きに振り回されて簡単に損切りになってしまいます。

レンジ幅が小さい場合は同じところで止まっていたりしたら逆張りができるかもしれません。ただ逆張りは反転を予測してのエントリーのためなかなか難しいです。

よって長期足で今回のような場合は、エントリーをしないか1時間足でトレンドが出だしたらエントリーを検討し、短期で手仕舞いをするという方法を取るのが良いかと思います。

ただトレンドが出ていないため、エントリーしても利益はそんなに伸ばせる相場環境ではありません。

損切り幅から考えてターゲットまでがあまり利益が取れそうになければ、エントリーをしない方が良いかと思います。

リスクリワードが悪くなってしまいます。よってレンジを抜けるまでは待った方が良いでしょう。

ただこの場合の注意点として、レンジを少し抜けただけでエントリーをしてしまうと実はレンジ抜けをしていなかった(ヒゲで駆られた)ということにもなりかねません。

レンジを抜けるまでずっと待っていたわけですから、エントリーをしたくてたまらない気持ちになっているかとは思いますが焦らないことが大事です。

しっかりと押し目、戻り目を待ちましょう。

以上、相場環境の認識についての基礎編でした。

コメント