スポンサーリンク

米国雇用統計(20/09/04)結果発表!

米国雇用統計(20/09/04)結果発表!

2020/09/04、21:30にアメリカの雇用統計が発表されました。結果とその時のチャートを掲載しておきます。

どうゆう動きをしていたか確認して次回以降に役立てましょう。

なお数値は見る資料により若干の違いがある可能性がありますので、最終的な判断は自己責任でよろしくお願いします。

非農業部門雇用者数

予想 140万人

結果 137万人

失業率

予想 9.8%

結果 8.4%

ドル円1分足チャート

ドル円1分足チャート(20/09/04)

矢印の付いているローソク足が雇用統計発表時の動きとなります。ずっと動きを見ていたのですが最初に下に動き下ヒゲを残して勢いよく上昇していきました。

そして今度は長い上ヒゲを残してこのローソク足は終了しています。

その後もしばらくは激しく上下を繰り返す動きを見せながら少しずつ上昇し、その後に下がる動きを見せ、このブログを書いている現在で1時間足を見ると大きく陰線を付けている状態です。

ドル円5分足チャート

ドル円5分足チャート(20/09/04)

こちらはドル円の5分足チャートで、赤矢印のローソク足が指標発表時のローソク足です。

ユーロドル1分足チャート

ユーロドル1分足チャート(20/09/04)

ユーロドルの1分足チャートです。こちらは指標発表時にそこまで大きな変化はないのですが、その後に大きく下落していく形となりました。

ユーロドル5分足チャート

ユーロドル5分足チャート(20/09/04)

ユーロドル5分足チャートです。こちらは上下に少し長めのヒゲを付けて、その後に大きく下落して行く形となりました。

このローソク足から考えられることとして、ローソク足が最初に下に行ったため急いで「売り」を行った人は下ヒゲで損切りに合う。

戻ってきたため「途転買い」した途端、上ヒゲでまたしても損切りという「往復ビンタ」に合った方がいるかもしれません。

雇用統計発表時の1分足、5分足の瞬間を捉えるのは非常に難しいと思います。ですので発表時はトレードをしないか、少し動きが落ち着いてから再開する方が良いかもしれません。

以上、米国雇用統計(20/09/04)結果発表!でした。

コメント