FX口座の作り方

FX口座の作り方

FXを始めるには自分が良いなと思ったFX業者のホームページから申し込みをする必要があります。

業者によって若干の違いがありますが大まかには一緒のため大体の流れをご紹介します。

まずはホームページの中から「口座開設」をクリックします。その中に個人情報を打ち込む必要がでてきます。

住所、名前、生年月日、メールアドレス、電話番号、自分の口座の情報などです。FXの取引はインターネット上で行われるためネットバンキングの口座をもっていると非常に便利です。

次に身分証明書を送ります。これはスマホなどで写真を撮りメールで送るシステムの業者やコピーをとって郵送で送る業者など様々です。

そうするとログインIDやパスワードの知らせが来ます。これもメールでわかる場合もありますし、郵送の業者もあります。

そして約款への同意やリスク管理についての確認なども求められます。FXのルールは法律が変わることもあり抽象的に書かれていることもあります。

そして取引の仕方によってはハイリスク・ハイリターンになることもあるため、しっかりと読んでおきたいものです。

リスク管理は自分が取引において損をすることだけでなく、取引業者の万が一の倒産、システム上の不具合などについても記載があると思いますのでその点も注意しましょう。

以上が済みログインIDとパスワードが分かれば、自分のお金をFX口座の方へ入金してすぐ取引が開始できます。

結構簡単です。ではFXを楽しみましょう!

コメント