スポンサーリンク

FXでのトレンドラインは信用できるのか?

FXでのトレンドラインは信用できるのか?(実例付き解説)

FXでよく利用されるトレンドラインですが、これは信用できないと言ったらどう思います?

まずトレンドラインについて過去に記事を書きました。これを読んでいただけらば基本的なことは理解できるかと思います。

FXでトレンドラインを利用した手法

扇形トレンドラインを利用して相場を読み取る方法

この記事ではトレンドラインを有効に利用しましょう、見たいなことを書いていますが今回はこれとほぼ真逆のことを書きたいと思います。

それはあまりトレンドラインは信用してはいけないのではないか?ということです。なぜかを解説していきます。

実例1

トレンドラインの引き方は多数ある

実例の一つ目として上記のチャートを用意しました。

青丸の部分が下降トレンドになっていることが確認できますが、これにトレンドライン引いてみますと赤でたくさんトレンドラインを引いていますが、どれが正解のラインか判断がつきません。

といいますのも人により見方が違うため、どこを節目に考えるかによってトレンドラインが変わってきます。

正解がいくつもあるということは、恐らくトレンドラインのブレイクをねらっていた場合に、ある人はブレイクしたと考えても別の人から見るとブレイクしていないと判断ができるということにもなります。

水平線の場合は、どこを節目と見るかによって多少の違いがあるにせよ、ある期間において上記のように水平線が数本集中することは少ないと思います。

よって長期足に絞り込んで水平線を引けば、世の中大体の人が意識しているポイントは同じになります。

見方によってトレンドラインは引き方が変わるという点が一つ目の難点です。

実例2

トレンドラインブレイクをねらったがうまくいかない

実例の2つめです。赤丸を基準にトレンドラインを引いてみました。その後にトレンドラインのブレイクで「売り」をねらっているためです。

そして青丸の所でトレンドラインをブレイクしたため「売り」を行いたのですが、チャートで示されている通り下降せずに、その後は上昇をしています。

このようなことはチャートを見ていますと多々あることから、トレンドラインをブレイクでのエントリーがあまり信用できない根拠となっています。

上昇トレンド、もしくは下降トレンドでたくさんのトレンドラインが引けることが多い。

つまり考えようによってエントリーポイントはたくさんできてしまうため、エントリー回数を無駄に増やしてしまうことにつながります。

また上記のようにトレンドラインをブレイクし、トレンド転換したと思いきや、していなかったなどが多いことから無駄なエントリー回数も増えていく傾向にあります。

無駄なエントリー回数は負けを増やし、資金を減らすことにつながります。

よって上記のように起点となる節目の数を増やし、トレンドラインを引くほうがいいように思います。

きれいにトレンドラインが引け、恐らく誰が見てもこの引き方になるだろうという場合は信用してトレードに利用してみるのが良いかと思います。

コメント