スポンサーリンク

サポレジ転換を狙った逆張りエントリー/チャート分析

AUDNZD(20/08/24~28)チャート分析

AUDNZDに関しては(20/08/24~28)の期間はトレードをしていません。

後からとなりますが、チャートを検証して利益の取れるところはなかったか分析してみたいと思います。

AUDNZD(20/08/24~28)チャート分析 日足

AUDNZDの日足です。赤の縦線より右側が今回の検証対象期間(2020/08/24~28)となります。水平線は日足の節目を基準に引いてあります。

日足の相場環境を見てみると途中で上昇フラッグを形成しており、全体的に見て上昇トレンドを形成しているように見えます。

この日足の状況だけですと買い目線で良さそうです。

AUDNZD(20/08/24~28)チャート分析 4時間足

続いて4時間足です。赤の縦線より右側が日足と同じく検証対象期間となります。水平線は日足と4時間足の節目を基準に引いてあります。

日足では買い目線で良さそうでしたが、4時間足の検証対象期間まではダブルトップを形成した形になり高値を更新できないような状況になりました。

しばらくレンジ、もしくは下降する可能性が出てきました。積極的なトレンドフォローはねらえるかどうかはわからない状況になりました。

AUDNZD(20/08/24~28)チャート分析 1時間足

1時間足となります。赤の節目を基準に水平線を1本足すとエントリーできそうな場面が出てきました。

ボリンジャーバンドが横向きになり水平線、バンドの+2にも反応しているピンク丸辺りでの逆張りが出来そうです。

反転するかはその時にならないと分からないため、陰線1本確定するまで待って「売り」でも良いかと思います。

そうなるとこの1時間足ではなく、もう少し短い時間足でのエントリーも良いかと思います。今回の場合5分足、15分足、30分足でもエントリーできそうでした。

このポイント以外は相場の乱高下が激しくエントリーは難しそうでした。相場が荒れている場合は無理にエントリーをすると振り回されることになるため注意しましょう。

以上、サポレジ転換を狙った逆張りエントリー/チャート分析でした。

コメント