※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

勝てない原因はトレード手法ではなかったFXで勝つための資金管理の技術

勝てない原因はトレード手法ではなかったFXで勝つための資金管理の技術 損失を最小化し、利益を最大化するための行動理論

「勝てない原因はトレード手法ではなかったFXで勝つための資金管理の技術 損失を最小化し、利益を最大化するための行動理論」書評

FXで勝つためには、優れたトレード手法を持つことが重要だと考えられている。しかし、実際には資金管理こそがFXで勝つための重要な要素であると、本書は説く。

本書の著者である伊藤彰洋氏と鹿子木健氏は、ともにFXで成功を収めたトレーダーである。彼らは、FXで勝つためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要であると述べている。

  1. 損失を最小化する
  2. 利益を最大化する
  3. 継続的に取引を行う

これらのポイントを実現するためには、資金管理を徹底することが不可欠である。

本書では、損失を最小化するために必要な「ストップロス」の設定方法や、利益を最大化するために必要な「リスクリワード比率」の考え方などについて、具体的な方法とともに解説している。また、継続的に取引を行うためのメンタルコントロールについても、多くのヒントを得ることができる。

本書は、FXで勝つための資金管理の基本を学びたい人にとって、必読の書である。また、すでに資金管理を学んでいる人でも、本書で紹介されている考え方やノウハウを参考にすることで、さらにレベルアップすることができるだろう。

本書の特徴は、以下の3点が挙げられる。

  1. 具体的な方法が示されている

本書では、損失を最小化するためのストップロスの設定方法や、利益を最大化するためのリスクリワード比率の考え方などについて、具体的な方法とともに解説している。そのため、初心者でもすぐに実践に役立てることができる。

  1. トレード心理学にも触れている

本書では、損失を恐れてポジションを抱えすぎてしまう心理や、利益が出ているのに損切りをしてしまう心理など、トレード心理学にも触れている。これらの心理を理解することで、メンタルコントロールを強化し、継続的に取引を行うことができるようになる。

  1. 実践的な事例が豊富

本書では、著者である伊藤彰洋氏と鹿子木健氏自身の実践的な事例が豊富に取り上げられている。これらの事例を読むことで、資金管理を実際の取引にどう活かすかをイメージしやすくなる。

本書は、税込み1980円と、FXに関する書籍としては比較的安価である。FXで勝つための資金管理を学びたい人にとって、非常にコストパフォーマンスの高い書籍と言えるだろう。

以下に、本書で学ぶことができる具体的な内容をいくつか紹介する。

  • ストップロスの設定方法

ストップロスとは、損失を限定するための指値である。本書では、ストップロスの必要性や、効果的な設定方法について解説している。

  • リスクリワード比率の考え方

リスクリワード比率とは、損失と利益の期待値の比率である。本書では、リスクリワード比率の重要性や、具体的な計算方法について解説している。

  • トレード心理学

損切りを恐れる心理や、利益が出ているのに損切りをしてしまう心理など、トレード心理学について解説している。

  • 実践的な事例

著者である伊藤彰洋氏と鹿子木健氏自身の実践的な事例が豊富に取り上げられている。

FXで勝つためには、資金管理を徹底することが不可欠である。本書は、FXで勝つための資金管理の基本を学びたい人にとって、必読の書である。

コメント