※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

円安・円高でもFXで稼ぎ続けるうまい方法

円安・円高でもFXで稼ぎ続けるうまい方法

「円安・円高でもFXで稼ぎ続けるうまい方法」

著者:TAKA

出版社:クロスメディア・パブリッシング

価格:1650円(税込)

2022年以降、円安が急激に進行している。

実生活では物価上昇など円安のネガティブな面がクローズアップされているが、為替が円安や円高に動けば動くほど収益チャンスが膨らむFXトレードにとっては、またとない投資機会が到来している。

そんな中、2023年に出版されたのが、本書「円安・円高でもFXで稼ぎ続けるうまい方法」だ。

著者は、FXで毎年数千万円を稼いでいるトレーダーのTAKA氏。

本書では、TAKA氏が実践しているトレードのノウハウを、初心者から上級者までわかりやすく解説している。

本書の特徴は、大きく3つある。

1つ目は、「1勝2敗でも損をしない」という考え方に基づいていることだ。

FXは、勝率よりも損益率を重視することが重要だと、TAKA氏は説く。

そのため、本書では、損失を小さく抑える方法や、勝ちを大きくする方法が具体的に解説されている。

2つ目は、テクニカル分析を重視していることだ。TAKA氏は、トレンドラインやレジスタンスライン、チャネルラインなどのテクニカル指標を用いて、相場の流れを読み取る。

本書では、これらのテクニカル指標の使い方や、相場を読み取るコツが詳しく解説されている。

3つ目は、メンタル面の重要性を説いていることだ。

FXは、感情に左右されやすい投資だ。

そのため、メンタルをコントロールすることが成功のカギとなる。本書では、メンタルを強くする方法や、逆境を乗り越える方法が解説されている。

本書は、FXで稼ぎたい人にとって、必読の書と言えるだろう。

初心者から上級者まで、幅広い層の読者に役立つ内容が盛り込まれている。

特に、勝率よりも損益率を重視する考え方は、FXで成功するためには欠かせない考え方だ。

以下に、本書の具体的な内容をいくつか紹介する。

  • 損失を小さく抑える方法として、損切りの重要性や、ポジションサイズのコントロール方法などが解説されている。
  • 勝ちを大きくする方法として、トレンドの方向性を見極める方法や、利食いポイントの判断方法などが解説されている。
  • テクニカル指標の使い方として、トレンドラインやレジスタンスライン、チャネルラインの基本的な考え方や、実践的な使い方などが解説されている。
  • メンタル面の重要性として、感情に左右されないための心構えや、逆境を乗り越える方法などが解説されている。

本書を読んで、FXで稼ぐためのノウハウを身につけ、成功の道を歩み始めよう。

コメント